F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

第17回JBCF石川サイクルロードレース クラスタE2 齋藤光一

【リザルト】
13位

【対策】
JBCF石川サイクルロードレースの前週にニセコクラシックが開催されていたこともあり、石川対策練をニセコクラシック対策練に置き換えてトレーニングをしていた。しかしながら、ニセコクラシック終わってから謎の疲労感に悩まされ、トレーニングも最小限に抑えつつ、木曜日に近所の登坂でインターバルトレーニングで刺激を入れる程度に留めた。それでも脚のダルさは取れないどころか力も入らないコンディションでレース当日を迎えた。まともに走れる気が起きなかったため、出走をやめようか本気で迷ったほど。

【目標】
チームメイトである坂大選手も同じカテゴリーで走ることから1,2フィニッシュが目標。しかし上述の通り、肉体的、精神的コンディションがドン底なのでゴールすら出来ない可能性がとても高く完走出来れば上出来と見ていた。

【レース前】
マネージャーミーティングでは過去最高の気温になる予報と言うことで熱中症への注意喚起がメインだった。私が出走する時間帯は気温が最も高くなることが予想され、そんな中で4周回(54.4km)もレースが行われることに不安なところがあった。9時20分頃に会場入りしてからは車の窓を全開で風通し良くして車内でひたすら待機。これが意外と過ごしやすかった。またこの気温の高さでウォーミングアップをするか否かで迷う。酷暑の中でウォーミングアップすることで逆に熱中症になるのではないか?そうであればアップなしでいきなりレースに臨むのもありかな?と考えるも、スタート直後の登坂やアップダウン区間を考慮すると少しでも上げておいた方が良いと判断し20分ほどアップを実施。出走サインしてからは建物の日影部分でひたすら待機。その時点で少し頭が痛くなってて熱中症一歩手前であることを感じ取るがとにかく暑さから逃れることに全力を尽くした。暑さと肉体的、精神的コンディションの悪さ、全く良いイメージが出来ないままスタートを迎えることになる。

【レース】
石川のコースは最後尾に並んだとしても全く問題ないので最後尾スタート。スロースターターの私にとって最初の登坂はいつも辛い。坂大選手がスルスルと集団前方へ上がっていくのを確認するも私は辛いので集団後方で待機。今思えば‘多少無理してでも坂大選手と一緒に前方へ上がっていけばよかった’と思う。1周目のラスト4km看板以降で坂大選手のペースアップで集団がブチブチと切れていき完全に崩壊。私は集団最後尾で直角コーナーをクリアしたときには先頭ははるか彼方で、集団に追い付いてすぐに坂大選手のペースアップがあったもんだから、かなり脚を使う羽目になった。けどそのお陰で1周もしない内に集団人数は20人ぐらいに激減。やはり暑さのせいでみんな本領を発揮できていないんだろう。先頭付近は坂大選手を含む逃げが出来て少し先行している。坂大選手と一緒に逃げる為にブリッジすべきか否かで迷ったが、坂大選手が作った逃げを私がブリッジ掛けることで集団を引き連れてしまうことを恐れたので待機。その代わり集団前方へスルスルと上がっていき、追走を潰す役に徹することにした。私のいる集団では逃げを追うために幾度となく数人が飛び出す動きがあり、その都度飛び乗って先頭を牽かせ続けた。そんなことを繰り返している内に集団は7名にまで減っており、メイン集団と呼ぶにはあまりにも寂しい人数となった。モトバイクから教えられる先頭との差は45秒だったのが徐々に開いていき2'55まで開いたことを確認。先頭集団が何人残っているかもわからないが、坂大選手なら獲るだろうと確信があった。ラスト周回に入った時に脚が攣る。かなり楽させてもらっておきながら、脚が攣るのはやはり暑さのせいなのか…マグオン入りのボトルを少しずつ少しずつ飲むようにはしていたけどダメだった。坂大選手の勝ちを確信していたので、あとは先頭集団から落ちてくるであろう人達を食って、少しでも順位を上げることがマスト。理想は坂大選手以外の人たち全てが落ちてきて、集団の頭を獲って2位になる!ってのが理想だけど、世の中そんなうまくいくものではない。ローテがぎくしゃくしてペースが上がってないこの集団で落ちているであろう人達を食うことができるのか?という不安もあったが、そもそも私の脚が攣っているのでペースを上げることを躊躇ってしまう。ラスト周回のラスト4km看板から内房racingの選手がペースアップを図ったが後ろについている私にとってはそんなに辛いものでもなく、他の人も前に出ようとはしない。もしかしてみんな限界?と思い始める。ここで飛び出すと最後まで持たないのでタイミングを見計らい待機。ラスト1km看板手前の平坦区間で牽制状態に入ったので思い切りペースアップ。死に物狂いでペースアップしたつもりだったけど、6名ピッタリとくっついてきてる(泣。そのまま私が先頭固定でフィードゾーンまでいき、そのあたりでイナーメの選手がガツンとペースアップ。追従したのは他1名と私だけ。7名だった集団が3名になり最終コーナーへ。私は1番後ろからイン側を攻めてスプリントを始め、目の前の2名に追い付かんばかりの勢いで捲れる!と思っていたがイナーメの選手にイン側を塞がれてしまいブレーキ。仕方ないのでアウト側から捲りに入ったが捲ることできずにゴール。

1'32'58 179/196bpm 221/823w 85/121rpm

【所感】
坂大選手の逃げ集団に乗っかれば良かったと思う。この暑さでは例え集団を引き連れてしまってもすぐにバラバラになったと予測される。けど、コンディションが良くない私が逃げ集団に入っていたら、それこそ途中で千切れていたことも容易に予想がつく。今回のパワーデータを見る限り、過去の石川のレースデータを含めて最も楽をして走ったと言うデータとなった。端から見れば13位は大したことのない結果になるが、気温の高さ、身体的、精神的コンディションからするとかなり上出来であり、楽をして走ったお陰でこの順位だったと思っている。こんなことを書いている時点で現状に満足してしまっている自分が情けないが結果が全て。このコンディションで意外と走れたってのが正直な感想だった。

10月頭の南魚沼は2日間のロードレースなので、土曜日の方に出られるだろう。南魚沼を今シーズン最終戦にするつもりなのでこの夏を如何にトレーニングしていくか、スケージュールとメニューを考えてピークを合わせていきたい。
スポンサーサイト
  1. 2018/07/16(月) 22:42:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回JBCF那須ロードレース  淵田 祐

第2回JBCF那須ロードレース 【E1】・・・7位/115人 1:01:25(+3s)

昨年E1を走った中で一番成績が良かったレースであり、今季前半戦の最大目標レースとして準備してきた。昨年の那須ロードのstravaデータからレースを再現したトレーニングや30秒や1分のインターバルをメインに取り組んだ。前日のクリテには出走せずに近場で軽めのスプリント4本程こなして刺激を入れ、当日現地入り。前日受付・監督会議参加してくれたチームメイトに感謝!

レース当日は曇りだったが試走中に降り始め出走時には完全ウェット、降らないと思ってカーボンホイール履いていたので安全を第一で走ることを決める。回りも皆同じ条件とはいえ体重がある分制動距離が伸びるので、安全マージンとって前走者に突っ込まない様に。

レースは安定の最後尾付近から。ローリング中の下りでブレーキを試すがやはり効き辛く、下りで遅れることはまずないので回復区間と割り切って後方待機。下り終わり左折からインターバルがかかるが対応するための練習はしてあるので問題なし、少し脚休めた後の短く急な坂はスピード落とさずシッティングで突っ込んで途中からダンシングで勢いのまま登り切る。この時前に遅い選手がいると足止め→再加速で脚を使わされるので登り始めから前方を確認しておく。
その先の下りは位置上げたりはせずに安全に下る、が下り切り付近でフルブレーキでも前走者に突っ込みそうになり焦る。後半のゆる登りは一列棒状から集団にまとまるまで脚を使うが何故かこの区間はパワーを出し易く前に上がりやすい。中切れを埋めて集団に合流、2周目突入時には集団は半分くらいになっていてかなり走りやすくなった。

コーナ立ち上がりと短い坂で踏まされるが回復が間に合うので問題なく、脚残したまま最終周へ。短い坂の登り切りで後方を見るとモトが居て、ここが最後尾。前走者とやや距離を開けてスピード乗せたままコーナーを抜け立ち上がりから踏んでいく。ここから1.7km程しかなく集団後方で脚を休ませていると前を塞がれて勝負できずに終わる。去年の反省を生かし、今年は集団を抜けるまで脚は止めないと決めていた。今年は集団がバラバラで脚も残ってない選手が多いのか位置を上げやすい。ようやく先頭付近に追い付く、と同時に左端からブラウブリッツェンがスプリント開始。正直残り距離を把握できていなかったので一瞬迷うが後ろについてスプリント開始。フィニッシュまで以外に距離がありタレそうになるが腕力で押し切ってフィニッシュ。前にいる人数を数えると6人。縋る思いでもう一度数えるがやはり6人。リザルトは7位。

レースに向けたトレーニングや疲労管理は上手くできていた。実際ほぼ想定通りのパワーやインターバルで最終周も問題なかったし、レースの度に攣っていた両裏腿も今回は調子が良かった。雨でなければ下り区間でアタック気味に前に出て、吸収されてもそのまま前方で登りに入りもっと余裕を持って勝負できたかもしれない。雨が降ったらレーゼロナイトで走る予定で準備していたが試走中に降り始めた為交換する余裕が無かった。雨天での走行、特にカーボンホイールでのブレーキングは苦手でもっと慣れておく必要があると感じた。

次戦はやいた片岡ロード。大田原クリテは検討中で石川はスキップする予定。毎年石川あたりには調子が落ち始めているので、今年は少し工夫して維持していきたい。
  1. 2018/06/16(土) 12:54:16|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回JBCF那須ロードレース[E2 本田竜介]



リザルト
E2、43位



以下レースレポート



目標は3位以内でのE1昇格。

しかし県選が終わってから調子は下降気味でどうにも気持ちも乗らない。

加えて当日は雨。

安全第一に走り切れたら良いなと言う弱気なままレースに挑む事になった。

経験上、こうして気持ちが乗らない時は良いリザルトは出ない。

それでも来たからには走る。
そして走るからには着りたいのは当たり前。

作戦は最終周まで温存してスプリント。

このコースはハイスピードで逃げが決まりにくくスプリントになりやすい。

検車を1番に済ませて先頭に並ぶ。

今回はローリングスタートで、下り切って左折したところでリアルスタート。

ローリングスタートの時に寒過ぎて歯も全身もガタガタ震える。

そもそも雨でブレーキが効きづらいところに手も震えてなお怖い。

1周目は周りを伺いながら安全な位置、つまりなるべく前に上がって走る。

寒いからか体の動きが悪いけど、そんなに調子は悪くなさそう。

スタートゴール直後の左折が白線が多くて怖い。

滑りそうな感じがして膨らんでしまい、立ち上がりで脚を使う。

後方の選手にも迷惑を掛けてしまったかもしれない。
すみませんでした。

2周目からSNELの新潟勢、小島くんが動く。

平坦区間で掛けたり、ダラ登りでも掛ける。

3人ほどが飛び出したりする動きがあり、もしかしたら強い選手達による逃げが決まるかも?と思って追走に入る。

ジョインするもやっぱり後ろから集団に吸収される、なんて事が2回ほど。

結局、常に前目にいて色んな動きに反応してしまい、脚を使う事に。

あー、、、温存するって言い聞かせてたのに。

4周目終わった時点で全然人数が減ってない割に結構キツい。

これは最後厳しいかもと弱気に。

そしてラストのグイッと登る区間を前目にこなし、ダラ登りに入るが後方から脚を溜めてた選手達がどんどんと前へ。

ここで結局前に居られないと勝負権なし。

埋もれて右端から上がろうとするが、垂れて落ちてくる選手が道を塞いで砂利を走ったりして上がれない。

最後スプリントに入るも先頭はずっと前だし追う脚も無く流してゴール。

過去最低の43位。ダメダメでした。



反省

単なる実力不足。

結局、強い人は積極的に動いた上で勝つ。

普通にレース強度が辛く感じた自分は実力不足でした。

県選でちょっと自信がついたけど、やっぱり弱かった。

ショックだ。

でも、これで落ち込まずにこれからも練習頑張ります。

ニセコに向けて、もう一度上げていこう。



チーム新潟。ありがとうございました!!
201806111431478b7.jpeg
  1. 2018/06/13(水) 21:10:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JBCF那須ロードレースE1/集団ゴール32位【E1大野国寿】

JBCF那須ロードレースE1/集団ゴール32位

1時間1分 AV287w NP290w 163/179拍 91回転

目標:入賞(昨年の周回間違いのリベンジ)
リザルト:集団後方ゴール32位(116名)


7kmのアップダウンコース×6周の42km。最後はスプリントする位置まで上がれずそのままゴール。4周目に下り使って逃げにチャレンジしたけど、芋掘って中途半端に脚使って吸収。あかん。。


1周休んで、最終周はまずまずの位置で急な登りクリアするも、その後の登り返しで中切れで脚使い、最後はグダグダでゴール。
チームメイトのフチがラストで前に出てきて7位。惜しかった!

終始スピード早くて立ち上がりや登り返しで1列棒状になる局面多く、絶対的なパワー不足感じた。今の状態だと、このコースで自ら展開作って乗って行くチカラは、無いなと。。。付いていってたまに前に出る程度。。。各レース、E1の上位10名くらいは飛び抜けて強いなという印象。

ここで勝つには、うーん、どうしましょう。後半戦の南魚沼ロードではチームで数揃えて勝利を狙いたいところ!精進しましょう。

@行程
0520起床
0550宇都宮実家発
0700会場着
0715会場入り→試走
0845スタート
  1. 2018/06/11(月) 19:20:39|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JBCF那須塩原クリテリウム/E1/集団ゴール29位【E1大野国寿】

JBCF那須塩原クリテリウム/E1/集団ゴール29位

1時間5分 AV297w NP261w 177/186拍 96回転


リザルト:E1/集団ゴール29位
序盤に出来た4名の逃げが決まって、そのチームメイト(アーティとハヤサカとブラウ)が先頭付近でローテを乱しながら、チェックする感じで展開。ハヤサカのキムラさんがこの前の新潟県選手権と同じお仕事、上手だ笑。逃げはそのまま逃げ切り(皆んな強かったし、何より面子が良かった。)。


自分は何も出来ず先頭付近にいながら、たまに先頭引いたりしながら周回重ねて最後まで。リンクの半澤選手がたまに追走の雰囲気作るけど、流石に単騎ではキツイか。。

自分は終始余裕なくて、ラスト付近でブラウ小坂選手とイナーメの選手が飛び出したけど乗る元気もなく見送り。最後はスプリント回避で集団後方でゴール。

何も出来なかったなー。こんな展開になると単騎ではチトきつい。

取り敢えず今日は安全にゴール出来たこと。苦手なクリテで少なくとも集団からは落ちなかったこと。良いインターバルトレーニングになったこと。以上の3点から「よく出来ました💮」という評価にしておきましょう。

明日は那須ロード。昨年は周回間違いしてのエアガッツポーズゴールしたので、今年は何かしらリベンジしたい。。うーん、勝てる気はしないけど、最後上手くやればワンチャンあるか?
@@@@@
行程
0320起床
0340発
0350ヌマさん家・出発
0630駐車場着
0700受付など
@@@@@
午後は那須ロード試走×3などしながらTSS稼ぎ。本日は146TSSでファイナルアンサー。
  1. 2018/06/11(月) 19:19:34|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad