FC2ブログ

F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

2019宇都宮シクロクロス/CM1/大野国寿

宇都宮CX/CM1/20位

27番スタート。CM2-3と混走。

珍しくスタートうまく行って最初はシングル順位で走ってたけど、その後のミス→チェーン落ち、キャンバーで泥がまとわり付いて後輪ロックなどあり20位まで沈む、さぁラスト1周で追い上げようと思ったらゴール??

結果は20位。泥にやられ。。。40分かと思ったら30分レースだったという。何ともアカンレースでした。残念。


今シーズンのCXはもうお終いかなー。行くとすると3月の東北CXかな。
スポンサーサイト



  1. 2019/12/27(金) 17:22:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/22(日)東北CX第4戦福島空港ラウンドに平原・江部・喜屋武・海口が出場

12/22(日)に福島県玉川村で開催される東北シクロクロスシリーズ第4戦福島空港ラウンドに平原、江部、喜屋武、海口が出場します。

福島空港のコースは、空港を望む法面に作られたもので、大きな高低差により、坂を登るフィジカルとハイスピードな下りコーナーの技術が求められるもの。路面の凹凸が激しく、身体へのダメージも相当のものがあります。

タイガーは、2週間前の全日本以来のレース。今期ここまで好調だった機材にトラブルが発生し、全日本で思うような結果は得られませんでしたが、気持ちを切り替えて臨むホーム・東北のレースで、表彰台獲得の期待がかかります。

江部さんは、先月の猪苗代以来のシーズン2戦目。毎週の走り込みで、久々のシクロクロスにも慣れて、特にコーナーリングは芸術的な域に。ハイスピードな下りコーナーでの、オーバーテイク連発に期待です。

キャンは、初めてのシクロクロスレースにMTBで参戦。凹凸の激しいコースとの相性は抜群なので、持ち前のモンスター・フィジカルも相まり、もしかすると、もしかするかもしれません。期待しましょう。

海口は野辺山以来、1か月ぶりのレース。今年3月の同会場でのレースでは、どうにも登れず、苦しい思い出ばかり。今回も厳しい戦いになりそうですが、限界まで追い込んできます。

応援よろしくお願いします。

○ 大会サイト
http://www.tohoku-cx-project.com/guidelines/fukushima_ap2019

○ エントリーリスト
http://www.tohoku-cx-project.com/wp-content/uploads/site15/files/201912/19tcx4_entry_list.pdf

○ スケジュール
12/22(日)
07:30-08:20 受付・試走
08:30-09:00 C4レース
09:20-09:50 CM2+3レース
10:45-11:20 試走
12:30-13:10 CM1レース
13:30-14:30 C1レース
14:45-15:00 表彰式
15767626110.jpeg
15767626480.jpeg
15767627490.jpeg
15767628340.jpeg
  1. 2019/12/19(木) 22:42:32|
  2. Race Preview
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12/15(日)UCIc2/JCX第7戦 宇都宮シクロクロスDay2に大野が出場

12/15(日)に宇都宮市・道の駅ろまんちっく村で開催されるUCI class2/JCX第7戦 宇都宮シクロクロスDay2に大野が出場します。

2日間開催が近年の恒例となっている宇都宮。2日間共に、UCI class2格式でエリートのレースが開催され、AJOCCカテゴリーは土日どちらかの開催に振り分けられています。
コースは、常設のマウンテンバイクコースと、園内の遊歩道・作業道や法面のキャンバーが組み合わされたもの。林間のマウンテンバイクコースはバームやパンプが作り込まれ、法面のキャンバーは、カラカラのドライコンディションにもかかわらず、朝の霜柱が融けてマディになるのが恒例。テクニカルかつスピーディーな好コースです。

宇都宮が地元の大野さんは、野辺山に次ぐシーズン3戦目。1戦ごと・1周ごとに、に熟度や経験が増して、速さが積み上がってきています。毎年の出場で勝手知ったるコースで、今シーズン一番の成績になるのは間違いなさそう。大いに期待です。


熱い応援をよろしくお願いします。

○ 大会サイト
https://utsunomiya-cyclocross.com/2019/

○ エントリーリスト
https://utsunomiya-cyclocross.com/2019/wp-content/uploads/2019/12/Entry_List.pdf

○ スケジュール
2019年12月15日(日)
07:30-08:00 試走
09:30-10:10 CM1レース
15762064210.jpeg
  1. 2019/12/13(金) 12:08:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UCIc1/JCX#5/CCM#5 Rapha Super Cross Nobeyama CM1 大野国寿

野辺山シクロクロス2019/CM1/19位

さて2年ぶりの野辺山シクロクロスへ参戦してきました。

目標はレースと旅を楽しむこと。レースはスタート順より上位でフィニッシュが目標。レースに向けたトレーニングしてないのでこの辺が妥当なところか。

見て下さいよこの泥。野辺山と言ったら泥。前日の雨で野辺山らしいコンディションになりました。
f0184839_17532756.jpg


当時のam2:00過ぎに新潟発で7時前に現地到着。受付、試走。

試走はバイクとウェアーがドロドロになるの嫌って、泥区間は担ぎでクリア。朝の感じでは担ぎの方が早そう。

自分はCM1なのでスタートは昼過ぎ。午前中はCM2-3やC2の応援しながらゆっく過ごす。umiさんと林区間のドロップオフ前転や泥わちゃわちゃ区間観ながら盛り上がる。

さてレース。野辺山にしては気温が高いので会場の周辺で自走アップできた(ローラー持ってきてないので)。まきばラインの登り含む周回を5周。

CM1は40名弱。スタート位置は30番手くらいか。後方にて苦戦必至。スタートで早めに前に上がりたいとこ。
f0184839_17501397.jpg

スタート。前の数人を抜いてまずまずな感じだったけどほぼ同じ位置でスタートしたumiさんは更に前へ。やりますねー。前回の東北CX南ヶ丘でもumiさんスタート上手かったし。何とか粘って着いていきたい。
f0184839_17501539.jpg

1周目の芝区間。umiさんを目標に追う。

f0184839_19182560.jpg

野辺山渓谷は降車で飛び越え泥区間へ。ここは自転車に泥付かないように入口から担ぎで。泥の入り口で泥に引っかかって前転気味に落車してる人多数だったので、この判断は良かったか。

泥区間はフィジカル活かしてランでごぼう抜き、umiさんも一度パスするが、乗車にもたついて交わされバギーコースへ。

んで売店への木段で痛恨の落車。あわわ。以降、恐怖心ありココは降車で。
f0184839_17501238.jpg

焦って踏むも、林区間のドロに手間取りごぼう抜きされ。。。umiさんからだいぶ離されてしまった。。下手くそ過ぎだぁ。。

以降は、近くにいる人と踏み踏み区間で抜いて、テクニカル区間で詰められての繰り返し。
f0184839_17501559.jpg

ラストは久々に脚がピクピクと痙攣の兆し。抜きつ抜かれつしながら19位でフィニッシュ。
f0184839_17504604.jpg

スタート順からは順位上げれたので、まぁ良しとしよう。とはいえ、コーナーの処理下手過ぎだなぁ。

角田浜トレイルで乗り込見たいところだけど、この時期は色々とあってなかなか脚が向かない。

次戦は帰省を兼ねた宇都宮CX。好きなコースなので楽しめるように準備をしよう。
  1. 2019/12/05(木) 15:24:37|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Rapha super cross NOBEYAMA (JCX/UCI-1) ELITE MEN  平原大雅

[目標]
完走とタレないペース配分
[試走]
初めての野辺山なので前日入りし、しっかりとコースを覚えるのが目的。
雨の中試走を始めるも、体が冷えてきて3周で終える。コースは飯山よりは難しくはないが、当日は泥でどうなるか...という感じ。
当日の朝試走は、全カテゴリーが走るため試走はパスし各ポイントを確認するのみ。
午後試走はUCIカテゴリーのみのため、速い選手のラインなどを参考にしながら、集中して走る。1番ポイントであろう泥区間は、乗車とランを比べても速度差は変わらないので自分はランを選択。後は通しで1周し午後試走を終える。
[レース]
結果は27位(-2lap)でした。
ゴールアップを完了し、前から3,4列目に並ぶ。2分前になり、上着を高橋さんに渡しスタートを待つ。1分前にgarminのボタンを押し、サドルに乗る。30秒前になり急に静けさが広がり数秒後スタート。
ペダルキャッチも割と上手くいき20番代後半?でコーナーを曲がり芝区間で数人抜き、再び舗装路直線へ入るも空気圧が低いせいかスピードに乗らない。おまけに舗装路だとサドルが低くて踏み辛い...
野辺山渓谷(溝)は、降りて難無くクリアし泥区間へ入るも、ランで心拍全開状態...ガマンガマンで1周を終える。
2~4周目は、後ろから上がってきた選手と一緒に走りたかったが、自分にはオーバーペースで結局1人が多かった。
5周目に入ると、大分体力も削られ非常に苦しいが、前方に見えるAXの青木さん達を目標に粘り6周目に突入。脚が痙攣し始めていて、今までの、ペースで泥区間を走ると攣ってロスすると考えペースを落とす。
しかし、これが失敗で80%controlで赤旗を上げられた。前の選手とは5秒差だった。

[反省]
目標にしていた、ペース配分は上手く配分できなかった。序盤でのペース上げ過ぎ+中盤以降の路面状態を把握できず(泥区間)乗車クリアできたのにランで消耗し完走も達成できなかった。
後日、TomPidcockのインタビュー記事を読むと、最初から全開はタレてしまうから80%程度で走る。と書いてあり次戦以降は、自分も試してみようと思う。
[BIKE1]
フレーム onebyesu jff#805z
コンポ ultegra R8070
ホイール ymdさん手組みカーボンTU
タイヤ FMB slalom FR 1.5bar
ギア F 40t R 11-30t
[BIKE2]
フレーム onebyesu jff#805
コンポ ultegra &105 
ホイール PAXPROJECT アルミTU
タイヤ TUFO Flexus Primus 33 SG FR 1.5bar
ギア F 46-36t R 11-32t
  1. 2019/12/04(水) 09:40:15|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ