F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

【REPORT】第51回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1 高橋峰樹

第51回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1

クラスタE1 リザルト 42位(距離42.0km 出走134名)


体調不良でダメダメのレース展開となった。

【レースレポート】

初戦の群馬,乗り込みはそこまでできてはいないが力試し的な意気込みで参戦,FINSのイケメンは逃げがあったら乗りたいとのことだったので「じゃあ俺も行くよ!」とあいのり宣言をしておく。履行できずゴメン!

スタート位置は前から4番目くらい。リアルスタートまでのギスギス感がすごい,そして走りにくい。そんでリアルスタート。ペースはそんなに速くないが,なぜだ?着いて行くだけで辛い。1周終了時点でけっこういっぱいいっぱい・・なんだ?アップの失敗か?
 いつもの群馬なら前に出られるところでも,まったくかけられないぞ?とか思いながらずるずる後ろに下がっていくとグライペルが。「前に行きたいけど,行ったら脚が終わりそう」とのこと。うん,俺も!
 そのまま集団後方維持でなんとか脚の回復を待つ・・とやはり集団後方はインターバルと中切れの嵐,ひぃひぃ言いながらお尻にしがみつく。回復どころではない。
 そんなゾンビのような状態で最終周,心臓破り後の下りで見覚えのあるジャージが・・生田目さんだ。面識があるわけではないが密かに尊敬していた選手である。遅れるわけにはイカンぞ!必死に踏みとどまる。
 ゴール前の直進で4,5名先行していたのが見えたので無理にゴールスプリントはせずに流してゴール,42位となった。

ゴール後は頸部から両肩にかけて痛みがあり,こんな短時間で筋肉痛がくるとはまだまだ自分も若いなぁと,後から考えればとんでもない勘違いをたしなむ。その晩就寝中に激しい喉の痛みで目が覚め,風邪をひいていたことに気付く。頭痛,悪寒を伴う発熱,倦怠感,関節痛・・・あぁヤバいやつだ・・ 二日目DNS決定。

【振り返り】

集団後方にしがみつくだけで精いっぱいのレースであったが,体調が悪く,体重もベストから5kg増の中で千切れなかっただけでもまずまずではなかったかと思う。レース前はしっかり体調を整え,夜食にポテチなど食べてはいけませんよ,との海口元主将からの啓示であると感じた。

レース後は子供たちと群馬CSCフキノトウ争奪戦。けっこうたくさん採れたが娘はパパさんのレース展開に不満があったらしくしばらく冷たかった。かっこいいとこ見せてあげたいけど楽しみは後にとっておこうか。下の子は相変わらず「虫取りしたい」の一点攻め。まだいないって言ってるだろうが!とか言っといたけど,その後なんとかモンシロチョウを捕獲。すげー!諦めなければなんとかなるもんだなぁ,自分も次のレースがんばろう!と息子から元気をもらう。
不満の残るレース展開ではあったが,なんというか,人生に色がついていいなぁと感じた。

以上でがす!
スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 20:45:06|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第51回 JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1.2 淵田 祐【E1】

第51回東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1・・・23位/130 1:03:50(+0.08) Day-2・・・32位/127 54:57(+0.08)

宇都宮でのテスト的レースを終えて1ヶ月、高強度と心臓破りを想定したインターバルをメインにトレーニング。体重は計測してないけど恐らく宇都宮から-0.5kg程、1週間の禁酒をしてレースに臨んだ。

今回は両日分の監督会議に出席するので責任重大、単騎参戦なら気楽だが今回は多数参加なので寝坊は厳禁。金曜夜に出発して塩沢石内Pで車中泊、本当は関越トンネルを越えておきたかったが24:00近くて眠気がヤバかったので諦めた。

土曜朝は無事開門前にゲートへ、途中で寄ったローソンで買った稲姫パンの玄米バケットが美味しくて待機中に完食。開門後受付を済ませて1周試走。路面に色々落ちてて怖い印象。監督会議後もう1周して時間切れ。

Day-1のレースは集団やや後方からスタートしほぼその位置のまま周回を重ねる。心臓破りはペースで登ってその後の下りでギャップを埋める。ヘアピン後やアップダウンで地味に脚を削られ、峰樹さんと顔を合わせるたびにキツイキツイと言いながらもチギれるほどではなく最終周へ。

流石にラストの心臓破りは登り切りまで踏むが先頭集団からはわずかに遅れる、下りで十分に追い付けると自分を励まして追走。右コーナー前で右前方に居た脚の止まった選手を抜く際にリアディレイラーと相手のフロントホイールが接触。ふらついてきそうだったので抜く前に「通るよ!」と声をかけたが逆にそれでこっちを向かせてしまった。カツンと嫌な音がしたが走行には問題なさそうだったので下りで踏んで集団復帰。後方からのスプリントじゃ着は狙えないと思い折り返した辺りから位置をあげて集団中程へ、程なくスプリント開始。下ハンダンシングでもがき始めるも残り150m辺りで早くも維持できなくなりシッティングでもがいてゴール、23位。

ゴール後リアホイールからカツンカツンと音がするので降りて見てみるとディレイラーハンガーが内側に曲がってディレイラーと後輪スポークが当たっていた。予備のハンガーを持っていなかったので力技で戻して調整、とりあえず変速は問題無し。

レース後ダウンとストレッチ、補給をしてから猿ヶ京の温泉へ。湯に浸かりながら入念にマッサージ、畳の上で体を休めてから再び会場へ、すでに睡魔が。。プロツアーのゴールを見てから監督会議。道の駅月夜野親水公園で車中泊。

日曜朝は予想外の雨、会場では雪の情報も。ゲートは開門前から長蛇の車列。会場入りして試走へ、軽くスプリントしてディレイラーの調子を確認。

Day-2レースは集団最後方から。本来なら2日目は勝負度外視の逃げを打ちたかったが機材の不安と昨日の接触もあり間違っても集団に迷惑は掛けられないので集団最後方をキープすることにした。インターバルがかかるうえに常にモトに追い立てられるスリリングな展開。ただ周囲を他選手に囲まれていない状況は非常に走りやすく、ライン取りや加減速を自分で決められるので意外と消耗は少なかった。こんなにリラックスしてレースを走ったのは始めてかも知れない、ピカさんの声援もはっきり聞こえるくらいに余裕を持って走れた。前がタレる度に踏んで集団復帰、を繰り返していたら結局ゴールスプリントまで残ることが出来た。ダンシングは不安なのでシッティングのままもがいてフィニッシュ、32位。

両日とも集団に残ることはできたがスプリントで着に絡めるほどの脚は残ってなかった。インターバルトレーニングの成果はレース中感じることができたが上位を望むなら集団前方で走らなければいけない。集団前方を常にキープできる技術を身に着けるかインターバルのかかる集団後方キープでも最終盤に脚を残せるくらいに鍛えるか。

次のレースまでしばらく間が空くので楽しい楽しい試行錯誤の時間に突入、試したいことは沢山ある。時間を無駄遣いしない様に日々過ごしたい。


  1. 2017/04/26(水) 21:25:32|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【盛永母映】第51回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会Day-2

今シーズン初のフェミニンツアーに参戦してきました!

【リザルト】
8位 00:44:31 TOP差 +1:31 32.33km/h



シスターローズジャージの唐見選手を先頭にローリングスタート。わたしは最後尾へ整列。
KNTさんにスタート直後にペース上がるからリアルスタートまでに位置どりを上げるように助言を受け、その通りにする。

1周目はかなり牽制状態でペースはまったり。樫木選手などがアタックし、数秒の逃げはできるもののすぐに吸収される。1周目の心臓破りの坂を集団後方で登り始め、登り終わる頃には中切れを起こしてしまいフィッツの選手やパナマの西形選手と回しながらギャップを埋める。



2周目に入ったところでHonda栃木の小田選手の鋭いアタックがあるがこれも決定的にはならず。



2周目で集団復帰したが、この時点で4名の逃げができていたらしいがわたしは把握できておらず。10名ほどの先頭集団がいて、自分はセカンドプロトンにいると思っていた。

Live GARDENの伊藤選手や福本選手が「しっかり回して行こう!」と声をかけるも強調がとれず、うまく回らない。散発的にアタックが入るも、人数を絞るまでには至らず。

心臓破りの坂も昨年に比べてスローペースでドロップする選手もあまりいない。わたしはデブで登れないので、1周目の反省を生かし2周目以降は前めで登り始め、集団後方で登り終わることを意識する。



去年よりも余裕を持って心臓破りの坂をこなすことができた。
4周目の心臓破りの坂を終えるまで集団に目立った動きはなく、最後は8人での集団スプリントになった。わたしは先月足を骨折したばかりなので(全治3ヶ月)、大事をとってスプリントしないと心に決めていたけれど…

他の選手が腰を浮かせたのに反応してついついスプリントしてしまいました。最終コーナーを曲がるところまでは本当に、絶対に、ガチで、
スプリントはやらない。って思ってました。

スプリントは出遅れてしまったけど最後に1人差し切ってゴール。結果は8位でした。


わたしのいたプロトンの前に10人ほどの先頭集団がいると思っていたので、かなり棚ぼた順位でした。

【反省と感想】
登れないとわかっているのに登りを集団後方で登り始めるなどレースの勘がまだ戻っていなくて、結果的に集団復帰するのに脚を使ってしまったりした。テクニカルな下りで順位を落とすことが多く、周りの選手にも走りづらさを感じさせてしまったかもしれない。自分から展開を作り出すアタックなどもできずに受け身のレースになってしまったが、先月の骨折からここまで復帰できたことは喜ばしい。
今が底辺なので、ここから少しずつあげていきたい。
たくさんの応援ありがとうございました!
  1. 2017/04/24(月) 22:02:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第51回 JBCF東日本ロードクラシック群馬大会Day-2 齋藤光一[E2]

【リザルト】
38位

【目標】
優勝。

【概要】
6km周回×4周回=24km

【レース展開】
レース前に降っていた雪で路面はヘビーウェット、気温は4℃ととても寒かったが、スタートする頃には晴れてきて気温も上昇。

昨日と同様にヘアピン抜けた辺りで正式なスタートとなった。

朝一のレース、時間帯的に気温が低い、レース時間が短いと言うこともあり、ウォーミングアップに十分時間を費やした為、昨日と同じように集団後方からのスタートなった。

今日は私が見る限り落車の発生はなく、比較的集団は安定していたが、距離が短いということもありペースが緩む区間があまりなかった。

昨日のレースの疲労はあまり感じられなかったが、今日は集団に付いていくだけで精一杯だったので集団の前方へ上がっていくことができなかった。


これでは優勝狙うどころか、先頭集団にいられるかすら危うい展開。

最終周の心臓破りでプロトンはペースアップし、それに付いていくが登りきったところで中切れが発生してしまい、そこからプロトンを追う展開になってしまった。

バックストレートに入っても誰が牽くかでお見合いをしている状態だったので、私が先頭へ出て牽くことにした。

身体がやっと動くようになってきた瞬間を感じたが、残念なことにゴールは目と鼻の先。

ホームストレートに入ったところでプロトンがゴールした直後だった。

それを見たと同時に後ろに潜んでいた選手たちがここぞとばかりにスプリントを開始する。

勝負に絡めないスプリントでリスクを犯すこともないので、最後は流して終了。



単純に脚が無いため、勝負に絡むことが出来なかった。

スロースターター故に十分にアップしたつもりだったが、まだ足りなかったように感じる。

あと寒さ対策を怠ってしまったのも要因の1つではないか?と考えている。

今回のレースを教訓に次回のレースに活かしていきたい。
  1. 2017/04/23(日) 18:12:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第51回 JBCF東日本ロードクラシック群馬大会Day-1 齋藤光一[E2]

【概要】
6km周回×5周=30km、ローリングスタート。

【リザルト】
51位。

【目標】
大野選手、本多選手を3位以内に入賞させること。

【レース内容】
後方からスタートし、ローリングスタートで徐々に集団内での位置を上げていく。

大野選手、本多選手の位置を確認しながら、2周回までは後方で待機し、3周目から動こうと決めていた。

後方から見ていると相変わらず斜行の嵐で、いつ落車が発生してもおかしくない状況であったので危険予知として少し距離を置いたり、前へ出たりとしていた。

そんな感じで集団内で大人しくしていたら、2周目の心臓破りの手前でコース幅いっぱいに集団落車が発生。

私は巻き込まれはしなかったが、コースの行く手を寸断された形で取り残されてしまった。

その落車した選手の中に大野選手の姿が。。。

無事に集団に復帰することを祈り、先を急ぐ。

メイン集団はかなり前方に行ってしまったが、第2集団で回していけばすぐに追い付くだろうと踏んでいた。

しかし、上手くローテーションせずに、ペースが上がる気配はない。

3周目の心臓破りですぐ目の前にメイン集団が見えてきたので心臓破りで一人がペースを上げ、それに私も続いたが後ろはついてこない。

メイン集団は目と鼻の先なのでバックストレートとホームストレートを二人で回していこうと思ったが、メイン集団に追い付くことは愚か第2集団に追い付かれた。


心臓破りとバックストレートとホームストレートで頑張り過ぎたので少し休憩する意味でも集団内に埋もれることにした。

第2集団のペースが上がらずメイン集団が遠退いていく。

4周目の心臓破りで再度ペースを上げて一人抜け出した。


結局、メイン集団に追い付くことなくホームストレートのコントロールライン付近で第2集団に吸収される。

そのあとの集団のペースが落ちてしまい、ヘアピン抜けた後のアップダウン区間で先頭付近に出て、心臓破りで再再度ペースアップ。

後ろはやはりついてこない。

バックストレート終えてコーナー手前で追い付かれるが誰も前に出てこない。

たぶんホームストレートで一斉に前に出てくることは容易に想像できる。

第2集団でのゴールスプリント程無意味なものはないし、明日もレースがあるのでホームストレートに入って横にずれて行かせることにした。

第2集団から抜け出して付いてくる人と回してメイン集団に追い付こうと考えたが協調してくれる選手がおらず、三度無駄脚を使うこととなってしまった。

単独でもメイン集団に復帰する脚がないばかりに結果を残すことが出来なかった。

明日もレースがあるが、二の舞を踏まぬように臨んでいきたい。
  1. 2017/04/22(土) 21:14:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad