F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

第10回JBCF輪島ロードレースF盛永母映

JBCF輪島ロードレースに参戦してきました!
能登半島地震の復興のために始まった輪島ロードレースも今年で10回目。5年間の期限付きだったはずが、地元の方々のご協力と、大会に携わってくださる方々のご尽力で10回を数えたこの大会も今年がラストイヤーだそうです。

アップは固定ローラー30分。
10分ウォーミングアップ
10分FTP走 206w 最後1分はギアを一段下げてケイデンスを20回転あげる。
10分クーリング

【コースプロフィール】
1周12.6km × 2周 = 25.2km
スタート直後に10分の登り(2.6km 7.9%)〜テクニカルな下り〜5分の登り(1.4km 6.4%)〜スピードの出る見通しの良い下り〜ゴールまで平坦1.5kmくらい。

【リザルト】6位 (54:15 TOP差1:54 28.30kph)

【展開】
リアルスタートが切られ、直後にすぐやってくる登りで一気にペースが上がる。
合田選手、伊藤選手、新川選手、野口選手、谷江選手がパックで先行し、1回目の登りを終える。
その10m後に棟近選手、さらにその10m後にわたしが続く。

下りが超絶に遅いわたし。カーブをひとつ越えるとあっという間に前を行く選手の姿が見えなくなった。維持できる速度ギリギリでテクニカルな下りを終えたが、2つ目の登りに差し掛かる所で後続の清水選手に追いつかれた。棟近選手が谷江選手を抜いていく姿を前方に捉えながら登る。
登り終えるところで清水選手が前に出て「回していきましょう!」と。
2人で回しているうちに平坦区間で谷江選手を吸収。2回目の登りへ(先頭集団の姿もまだ見えた)。
初めてレースでご一緒したが、谷江選手の登りは力強かった。間も無く棟近選手も吸収し、登りの後半に差し掛かった所で新川選手も加わり5人パック。

下りもみんなで回して行くが、棟近選手は後方固定で全くローテに加わらない。
最後の登り区間へ突入。登り口から清水選手が前へ出たので、その後方を位置どる。清水選手も実業団のHCレースで表彰台に上がる実力の持ち主で、流石のひき。徐々にペースアップして登りを終えようかというところで谷江選手がアタック。すかさず新川選手がチェックに入る。

下り区間も最後の平坦も棟近選手以外の4人でローテーション。この1ヶ月、スプリント練はしてきたはずだけど、正直自信もなかったので残り7〜800mのところでアタックし単独で飛び出す!

後方確認すると5m程のギャップが空いたのでそのまま先行逃げ切りをかけて脚を回したが、最後の最後で谷江選手と棟近選手に刺されてしまいました。

4位争いの5人集団の3番手でゴールし、6位でした。

それにしても、一度もローテに加わらなかった選手に最後の最後で刺されたことはすごく悔しかった。

【パワーデータ】
24.22km 0:54:18 NP211.2w 174.0/562.8w
10分の登り ①10:03 235w ②11:07 213w
5分の登り ①5:03 228w ②5:03 226w

パワーデータはまずまず。10分のMAXパワーを更新。ローラーで5〜20分の積み上げをしてきたことが生かされたのだと思う。
レースウェイトはおそらく52.5〜53.0kgくらい。ただのデブですね…はい。

【反省&感想】
もし飛び出さずにスプリント勝負をしていたら何位だったんだろう…とか、飛び出すタイミングが違ってたらどうだったんだろう…とか、たられば論も浮かんできますが、結局たられば論でしかありません。これだったら負けない!という武器が欲しいなぁ。

最初の登りで先頭から遅れたのもめちゃくちゃ悔しい。あとちょっとの所なんだ。もっと強くなりたい。

今シーズンのフェミニンツアーは本レースにて終了。全5戦。

東日本ロードクラシック 群馬大会Day-2 8位
栂池高原ヒルクライム 6位
三峰山ヒルクライム 3位
石川サイクルロードレース 9位
輪島ロードレース 6位

パッとしない成績だけが残った。もう一段階上のレベルに行けるようにオフシーズンもコツコツと頑張っていきたい。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/11(水) 10:55:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JBCF石川サイクルロードレースF 盛永母映

JBCF石川サイクルロードレースに参加してきました。

【目標&作戦】
一桁順位(9位以内)&耐える

体調を崩したまんま臨んだ今日のレース。でもコンディションが悪いなら悪いなりに今できる精一杯で走りたい。
なんか最近同じことばっかり言ってる気がする。

【リザルト】
カテゴリ F 9位 1:19:40 (TOP差8:22) 30.72km/h

【レースレポート】
スタート前はおだえりちゃんと談笑。ここで番場選手にも声を掛けていただきました。少しずつ顔のわかる選手が増えて、緊張がほぐれリラックスできるのはとてもありがたいです。

後方からスタートしたけど位置をあげたくてスペースを探す。比較的右側が空いているのでペースアップして最初の登りで先頭付近へ。
スタートの時に仲良くなった番場選手も積極的に先頭をひいている。番手につけていたのでわたしも先頭交代してひく。

何度かアップダウンを繰り返すが登り区間は自分にはなかなかキツいペースで、温存したいなぁなんて考えつつ後方で登り終わり、先頭とのギャップを埋めるのを他力本願で任せたら見事に中切れが発生。
前方には福田選手、西選手など有力選手が含まれておりこれは遅れたら試合終了です。ってことで100〜200mほどのギャップを埋めるために必死で走る。フィッツの伊藤選手と2人で頑張って1周目最後の坂の手前で先頭集団にジョインするも、直後の登りでつき切れず、結果的に2周目に入る頃には遅れてしまいそこで試合終了。

遅れてからはフィッツの伊藤選手とシャークアイランドの島崎選手と3人で回して周回を重ねる。

伊藤選手の下り区間の牽きが力強くて頼もしかった。下りであんなに踏めるなんて凄い。最初は3人で回してたけど、距離を重ねるごとに段々と下り区間は伊藤選手が、登り区間はわたしが前を牽くという構図に。島崎選手はキツそうにしているのに最後までキッチリとついてきていて気持ちの強さを感じた。

大きく息を吸い込むと咳喘息が出てしまうので、呼吸が乱れないようにイーブンペースで淡々と距離を消費する。3人で走っているうちに登りでは少しアドバンテージを感じるようになった。
登りゴールなのでスプリントになったとしたら有利かもしれない…など考えていたら最終周で雨が。雨の下りでも伊藤選手と島崎選手は相変わらずなペースで下り、わたしは怖くて常にブレーキをかけながら進み2人と20m程のギャップが出来てしまった。

慌てずジリジリと距離を詰めて90度の直角コーナーを越えて後半のゆる登りへ。

この辺から最後の戦い方を考える。島崎選手はキツそうなので伊藤選手とのゴール争いになりそう。明らかにわたしよりスプリント力ありそうなので、ラスト1kmからジワジワとペースアップする作戦にした。
なのでラスト1kmの看板を越えてからは先頭固定でジワジワとペースアップ。

ケイデンスを維持したままギアを上げていきゴールまで回し切りました。
シングル順位の9位。ギリギリ目標達成でした。

【感想と反省】
「悔しい」の一言。勝負に負けたとかそんなんじゃなくて弱い自分が悔しい。
今までだったら絶対遅れないようなところで遅れてしまった自分が情けない。

乗り物酔いなんて滅多にしないのに今日は往路復路で吐きそうになるほどの車酔い。レース後には止まらない咳。今日のこの走りが体調のせいだったと思いたい。って何度も考えてしまいました。

なんとかこの状況を抜け出したいです。
  1. 2017/07/22(土) 21:42:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回JBCF三峰山ヒルクライム 盛永母映

三峰山ヒルクライムに参戦してきました。

【リザルト】F 3位 51:53 (TOP差 +6:00)

【目標&作戦】
栂池HCでは自分のペースで淡々と…という作戦でしたが、今回の三峰山HCは参加者も少なくレース展開次第では表彰台も狙えるかもしれない。
レースをしにきているんだから、着れなければ、4位も10位も変わらない。オーバーペースでも序盤から上位陣にくらいついて耐えれるところまで耐える、という作戦にした。
今から思えば、鼻水だらだらの割にヤル気だけは一丁前であった。

【整列】6:15
アップはローラーでslow&maxを10分だけ。後はスタート地点までの自走6kmで済ませた。
スタート前は晴嵐の近藤選手、ケイト、おだえりちゃん、そして、前回の栂池で善戦した田中選手などと和気あいあいと過ごす。
近藤選手はヒルクラスペシャリスト。そんな方と話せる機会は滅多にないと、普段のトレーニング方法など根掘り葉掘り聞き、三峰山の攻略法などを伝授していただいた。
みんなのお陰でスタート直前もリラックスして過ごせました。

【スタート】7:02
最前列に並んでいたのにクリートキャッチをミスってあっという間に最後尾に。

唐見選手や近藤選手がカッ飛んでいく後ろを他の選手が追っていくのを見送る…あかん。作戦が…!

やはり上位2名は別格でみんなついていけずにペースダウンしていくので後ろから1人ずつ抜いていく。良いペースで順位を上げていけたが、あと一人速くて前に見えるのに差が縮まらない。
田中選手だ!
栂池ではラスト1kmまで一緒に行けたので、彼女には食らいつきたい。その一心で背中を追う。
3km地点でようやく追いつき、先頭交代する。
自分にとってはオーバーペースだけど、ここが3位争いなのはわかっていたので「絶対着りたい!」という想いは強かった。ローテを要求せずにそのままひき続ける。

4km地点の釣り堀を越えると勾配がキツくなる。「7kmまでは耐えるべし」という近藤選手の言葉を思い出す。
ここで田中選手の「あぁッ」とキツそうな嗚咽が聞こえる。栂池のときはこう言ったあと千切れていったので、とても分かりやすくておもしろい選手だと思いました(笑)

引き離せたのかわからなかったけど7kmまでは振り返らずにそのまま行こうと思って走り続ける。7km地点くらいでMOTOバイクがきて、後続とは1分差と教えてくれました。
垂れずに自分のペースで登り続ければ、表彰台のチャンスがある!と思って丁寧に登ります。が、10km地点のグレーチングでまさかのチェーン落ち。

一瞬何が起こったのかわからず、焦って踏み込んでしまいました。チェーンは食い込み、わたしはパニック。
後ろからきた違うカテゴリの選手が「チェーン落ちてるよ!」「落ち着いてね!」と声をかけてくださり、兎に角落ち着いて手を油まみれにして直しました。

走り出したとき、後ろに女子選手の姿は見えませんでしたが不安で不安で仕方がありませんでした。アドレナリン噴出で走り出した直後はペースも上がりましたがすぐに脇腹が痛くなってペースダウンしました…。残り3kmほどしかなかったので、より一層丁寧に走ることを心がけました。

本当に安心できたのはラスト500mを切ってからでした。
最後は一生懸命踏み抜いてゴール!3着、実業団レース初の表彰台でした。

【感想&反省】
実業団レースで初の表彰台でした。喜びもひとしおでした。
レース中は鼻水地獄で呼吸が出来ず、レース後に鼻をかんだ瞬間、鼻血がぶしゃっと・・・
連日鼻のかみすぎで鼻粘膜が傷ついているのだろうと想像します。レース後で血圧も上がっていたので止血に難渋しました。そして、咽頭痛と耳閉塞感、関節痛が出てきてしまい、風邪をこじらせて中耳炎になってしまいました。明日医者いきますが、まぁわたし自身も医者のはしくれなので診断に間違いないと思います←

先週金曜日から1週間以上体調が悪かったのに、身体を労らなかったツケがここにきて出てしまいました。

今年はこんな感じで、なんだか去年肺炎などで苦しんだチャンプみたいじゃありませんか?
ということは、わたしも来年ニセコクラシック出れば…優勝?!←違う

想像するのは自由なので、許してくださいね(*´-`)

そして、へたれさんのアシストを受けてりゅーじさんがしっかり着って一発昇格です!アテンドした甲斐がありました。
本当に、おめでとう!

今日はオレンジ旋風吹き荒れる、とっても良い一日になりました。体調は悪いけど、気持ちは晴れ晴れしております(*´ω`*)
  1. 2017/07/12(水) 14:25:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第21回JBCF栂池高原ヒルクライム[E3 本田竜介]



リザルト
E3-8位/68人
55:59(+2:55)


以下、レースレポート


目標は57分切りくらいかと思っていたが、チームメイト等から55分台イケるんじゃね?との指摘が入ったので55分台とした。

55分台なら順位的には一桁、あわよくば6位以内もあるかなと言うところ。

しかし金曜日の仕事が超多忙、加えて夜中にトラブル対応で本当に一睡もせず帰宅し、そのまま長野へ移動。

さすがに疲労困憊でMoeに途中運転を代わって貰った。

そんなこんなでコンディション的にはかなり厳しい状況下で当日。


スタートは最前列をゲット。

クリートキャッチもこなして先頭集団で登って行く。

序盤は明らかに飛ばし過ぎ。

急斜面区間で2人が飛び出して、なかなか落ちて来ない。

これは勝ち逃げの2人か?と思うものの追う脚は無く集団で走る。

平坦区間を終えて宿屋街に入って2人を吸収したかな?

その頃にはキツくて集団後方に下がる。今にも千切れそう。

そしてゴンドラが見えるあたり、スタートから20分もしない頃か。敢え無く千切れる。

集団は10人ちょいいたか。

千切れた時にアベパワーを見る。275w。

上げ下げがあるものの、だいろ285wから比べるとやはり調子はイマイチと感じる。

千切れた後、ここからが粘りどころ。

少し呼吸を落ち着けて走っていると後ろからCOW群馬のT塚選手がもう1人連れて上がって来た。

これは良いペース。少しキツかったが着いて行かねば。

少し後ろで整えさせて貰って、前へ出る。

もう1人の方は千切れてしまい、T塚選手と2人旅。

こちらから『回して行きましょう』と声を掛け、E1やE2から落ちてくる選手をどんどんと抜いて行く。

かなり良い具合に引いて頂いて、こちらも調子が戻ってくる。

回し始めた時のアベパワーが255wほどだったと思うが、そこからは全然垂れずに走れた。

中間地点でのタイムが27:40ほど。

55分台ギリギリイケるかどうか。

そこからもとにかく垂れず、2人で回してスピードを維持するように。

そんな中でE3の落ちて来た選手も何人かパス出来て、もしかしたら入賞の可能性もまだあるかと思う。

後半かなりキツくなって来るが、T塚選手に『頑張りましょう』と声を掛けてもう一踏ん張り。

残り3kmくらいでT塚選手が遅れてしまい、そこからは1人。

頑張ってると何と前方にSGMのFJTさん含め何人かの背中が!

かなり追い上げて来たなと実感。

FJTさんを越せば入賞が見える!そう思ってガシガシと踏んで行くが残り1kmを切っても思ったより詰まらない。

それでも全力を尽くして最後はAJゴール。。。

10位以内には入れたかな?と言う感じ。

下山後リザルトを確認、残念ながら8位でした。




反省

序盤の千切れ。
これはもはや実力不足。
コンディションもあったけどあそこで着いて行かなければ入賞圏内には入れない。
しかし千切れた後に粘れたのは良かった。
COWのT塚選手に本当に感謝。後で知ったけど各ヒルクライムレースで年代別優勝してる強い選手だった。そんな選手と走れて良かった。
今年はまだまだ上げていける感覚があるので、次戦JBCF三峰山ヒルクライムも頑張ります。
栂池は来年も出たい。来年は53分台が目標かな。

参加された皆さんお疲れ様でした。
応援して頂いた方、運営の方々もありがとうございました。


  1. 2017/06/21(水) 22:36:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第21回 JBCF 栂池高原ヒルクライム F 盛永母映

【リザルト】
カテゴリF 6位 1:11:06 (TOP差+11:36)

【目標】
一桁順位。(9位以内)

【作戦】
HCレースでは「速い人についていく」というのがこれまでお決まりの作戦だったが、現実的な話と本音を言うと、練習不足に加え精神的な疲労感も強く、全く追い込めそうになかった。というか、追い込んだらいけないと思いました。
今回は自分に無理させないことを最大の目標に、人のペースに合わせず自分のペースで走ることにした。

【展開】
実業団レース4戦目ですが、少しずつ顔のわかる選手も増えて、おだえりちゃん、朋美ちゃん、ケイトなどと言葉を交わし、リラックスモード。

ゆっこさんがスタート地点まで足を運んでくれ、チーム員みんなの防寒具を回収。そのお陰で直前まで身体を冷やすことなくレースに挑めました。レースレポートに使用する写真もphoto by Yukkoです。

一斉にスタート。

唐見選手を筆頭にみんな凄い速さでカッ飛んでいきます。手元のサイコンを見ると260wくらい。
ずっとこのペースでは行くはずなく、落ち着くだろうからついて行くべきなんだろうけど、今回は無理せず見送り序盤から自分のペースに切り替える。



淡々とひとり旅を続けるが、5km地点で腹痛発症。今にも下痢をしそうなシクシク絞り出されるような痛みで真剣にDNFを考える。このままとまってしまおうかな…と思いつつペースを落としていたら田中選手が追い抜いてきた。
彼女とはスタート前に少しお話させていただき顔見知りの関係だ。
近くに誰かいるとペースが掴みやすいのでついていく。ローテをしようと声かけしたわけではないが、3〜5分おきに先頭が入れ替わりながら一緒に登っていくという展開。7km地点で腹痛も和らいできた。

10kmを過ぎたあたりで田中選手が後ろからぬるっとペースアップ。アタックともとれんようなペースアップにつききれず20mほど差が開く。
九十九折では背中が見えなくなることも。

6位争いなことはわかっていたので、とってはいけない7位になってしまうかなぁと思いつつ(実際にはFは3位まで表彰なのでこの時点で既に圏外なのですが、気持ち的に6位までには入りたいのです)、残り5kmの看板が出てきたころからじわじわとペースアップ。といっても無理はしないように脚をクルクル回すことと、勾配が緩むときに下ハンを握って使う筋肉を変えることだけを意識する。ほんの少しずつじわりじわりと差を詰めて15.5km地点でようやく追いついた。

追いついてからはペースが緩み、牽制状態のようになり、残り1.5kmの展開を考えながら走っていたら2分後スタート一般女子の新保選手が追い抜いてきた!(彼女は一般女子の部でダントツ優勝でした)

「頑張れ〜」と声かけしてくれたので、「1位だよ〜そのまま!」と返して見送る。
そのとき、田中選手が「辛い…!」と。そうだよね、辛いよね、って思って「頑張ろう!あと少し!」と声かけして前へ出る。

まだゴールもしていないのに、この段階で自分の中で達成感みたいなものが既にあって、ここ最近のコンディションを思えばこれだけ走れれば十分じゃないか、と。

6位までには…とか思ってたけど、ここまで登ってこれたのは田中選手のお陰でもあるし正々堂々と出し切って負けても悔いない。
脚が回らなくなったら終わり、と思って終始脚をクルクルと回すことだけを考えて走りきりゴール!

先着できました。


【感想】
トレーニング不足で踏めないとわかっていたので、回すことだけを考えて走りきりました。
cadは87rpmでした。
今回は自分のペースで淡々と走ることを選択して良かったと思いました。結果的に脚の合う選手と大半を走ることができたし、息もそんなに乱れず(ラスト1kmは流石にキツかったですが)走れました。

パワーの数値だけでいうと71分196wで、70分maxパワーを更新することができたし、NPとAVPの差もほとんどなかったので結果的に上手く走れたのかもしれません。

精神的にも体力的にも辛かったこの2週間ですが、こういうときもある。今が底辺だと思うとここから上がって行くしかないし気が楽です。

これからまた少しずつ積み上げていきます!
そう思えただけでも、やっぱり出てよかったです!

うちのチームからはE1クラスタでチャンプが3位入賞!しっかりと結果を残すところが流石としか言いようがありません!
おめでとうございました(^-^)v
  1. 2017/06/21(水) 19:52:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad