F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report] 第28回 Mt.鳥海バイシクルクラシック 田崎友康

■1stステージ(7/27)
第一ステージのコースは起伏のある8キロ。5年前は急速に脚パンになり1240ぐらい。矢島カップを狙うためには1100~1130には収めて、最小限のギャップとしたいところ。
スタート位置はチャンピオンクラスの中で2番目。女子クラスを追い抜きながらのレース。

b101a844b27ecdb716df522cd4f84ce3.jpg


スタート後は飛ばしすぎないように入る。腰位置がフラフラして落ち着かない。外乗りでレース強度を試してセッティングしないとダメなんだね。

この日は暑さに加えて風も強くて煽られることも数度。登りはブラケット持ったが、ここもTTポジションで行けるとタイムが伸びるんだろう。
エアロヘルメットのグラスを利用したが、暑いときははずした方が良いようだ。呼吸がこもることがあり切ない場面あり。

と、来年に向けて課題の残る感じではあった。タイムは1140で目標届かずだったが、他の選手も20~30秒は落としたとのこと。トップのよっしー選手とは45秒差の6位ギリ入賞。ヒルクライム有力どころの森選手、片岡選手らとはほぼ同じタイム。武田選手は不運にもDNS。結果ギリギリ踏みとどまった感じ。

ゴール後はすぐに表彰式。手際のよさが参加者には心地良い。本格的なスタート台もあり初日から満喫だった。

■2ndステージ(7/28)
【戦略】
前日のレース後に運営者と45秒をどう取り戻すかという話になった。「歴代優勝者の藤田さんや村山さんはラスト4kmからスパートする事が多かった。そこしかないだろうな。」とのことだった。素直にその作戦を柱とするが、4kmでよっしー選手相手に45秒は…コースプロフィールを見て下りからの登り始めのラスト5kmをポイントとした。

【レース】
スタートのプラカードは地元の女子高生が担当。1分ごとに違う生徒が担当しその都度拍手がわく。やばい、和やかで力が抜けそうだ。笑 地元密着型の鳥海は良い大会だと思う。

1回目の下りまでは大集団だろうと思いながらリラックスして進む。序盤の道幅の狭い急坂で片岡選手や森選手が抜け出ていくのが見える。慌てて踏んで合流。ここでよっしー選手、武田選手を含んだ5人となる。これは想定外で、自分としては良くない展開。ラスト5kmまでいかにリズム良く行くかがポイントだったから。

この日は強烈な風が吹いていて、片岡選手や森選手が積極的に引いていたものの、ローテ回さないといけないなと思っていたら森選手からご指名が!笑
前を引かないとパンクすっぞ~。と。

そんな感じてレースは進む。よっしー選手はリーダーなので前を引く必要がないが、調子はどうなのか分からない。ただ後ろのブレーキが擦っている…。
武田選手は自分と同様に積極的には前に出ない。辛いのか、それとも、分からない。
森選手と片岡選手はガシガシと行き、アタックで時折抜け出すが集団に引き戻すようなことが数度。
この動きに消耗してきて最後にペースアップ出来るか怪しくなってきた。

ポイントとしてみていた登りの前の下りで片岡選手アタック。登りに入ったところで吸収。その後に森選手ペースアップ。ここはリーダーのよっしー選手に追わせたいところ。しかし厳しいジェスチャーあり、前に出てのサイン。ラスト5km手前でこの状況。カラダが反応する。森選手の前に出てペースを上げる。

後ろは振り返らない。ギリギリのペースで踏み続けるのみ。15分ほど我慢。ホームコースの弥彦だいろ1本と思いながら、ゴールまでの距離を減らしていく。アタック直後から土砂降りに。これは良い状況。悪天候は追走意欲を奪うことがあるから。ツールを見てても、悪天候は逃げが決まりやすかった。前を走る白バイを追うイメージでペダリングだけに集中。サイコン見ながらカウントダウンして鼓舞する。ラスト1kmは長かったが、なんとか逃げ切り成功。2日目獲った!

すぐに振り返って後続との差を確認。2位武田選手、そしてよっしー選手が来た。うわあ、タイム差が微妙で勝敗分からん…。

悪天候の影響で表彰式まで結果不明。最後の矢島カップの表彰、名前を呼ばれて、やった…。3秒差だった。
美ヶ原、鳥海山、乗鞍の歴史あるレース、初めての優勝!ビッグな優勝カップを授与され、本当に嬉しい。

7a85a3126b4139510977bb6d0162df86.jpg

b44d4561dffc2a93f7d9e53836e29fcc.jpg

5年ぶりの参加だったが、地元密着型で運営力の高いこの大会の素晴らしさを再認識。悪天候にも冷静に対処していたのが印象的だった。来年は優勝カップ返還という参加目的が出来たし、TT能力高めて再挑戦だ。

YONEXの開発担当者に報告したところ、家族で勝ち獲った勝利ですね、との言葉があった。その通りかもしれない。わがまま聞いてもらっていて、家族には本当に感謝だ。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/28(月) 19:38:11|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report] JET20戦 JBCF石川サイクルロードレース 本多拓貴[E2]

結果:do not finish

 目標はトップ集団でのゴール。展開にからめれば良いなと考えていたのだが。

 結果として一周目後半で起きた、集団落車に巻き込まれ、自走不能におちいり棄権。

 スタートから約9,5km地点の下り基調で見通しも良くて幅員もあるところ。スタートしたばかりで皆足もあり、前に行きたいと多くの人が考えていたのだろう。私もそのひとりだ。
 ここでよろめいて落車した選手が。下りで50kmphくらいは出ているだろう密集した集団の先頭付近で。後は酷いドミノ倒しだ。
 私はといえば40kmphで飛び込み前転。ロードレースをしに来たのに大道芸もかくやな事をした代償は右膝の骨を少し痛めたここと擦過傷、ジャージの上下大破、サングラスレンズ撃沈、リアホイール小破、サドル大破、フレーム撃沈。懐とモチベーションに大打撃だよ。

反省
 先のコースレイアウトは幅員が縮まり、高速の集団が入るには危険すぎるコーナーがあり。集団が密集しすぎていた事はレースという補正を除いても判別はできていた。だというのに安全をとり後方へ下がれなかった、実業団のE2カテゴリー選手への過信、理解の甘さと判断ミス。

 同じレースに参加していた大野選手、斎藤選手、高橋選手の充実した顔を見てすこしだけ溜飲を下ろしました。
  1. 2014/07/20(日) 22:51:18|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report] JET20戦 JBCF石川サイクルロードレース 齋藤光一[E2]

スタートして数百メートルの登坂で大腿四頭筋がパンパンになる。

優勝狙うとかそんなレベルではない。

むしろ、完走できるかどうかのレベル。

なので、今日は先頭を牽くつもりはないし、アタックを掛けるつもりもない。

ひたすら、集団後方で待機するのみ。

7キロ地点あたりで、集団落車発生。

前との間隔を広げていた私は、落車に巻き込まれずに済む。

冷静に対処して、再スタート。

既に何名かは再スタートしているようだ。

こちらは数名で先頭を追う。

登坂区間に入り、追うためにハイペース。

大腿四頭筋は既に終わっているためか、心拍は180越え。

2周目の最初の登坂で先頭集団を捉える。

ここから、脚を休めることに専念する。

3周目の終わりに、何となく前へ出たら、誰もついてこない。

自分のペースで走ると、いつの間にか25秒の差がついていた。

それから、二人でアップダウン区間を踏み回し、35秒差まで広げる。

しかし、ラスト4キロ地点でプロトンに吸収され、活性化した集団に置いていかれ、一人旅でゴール。

結果は22位でした。



良かった点は、レースの展開を作ったこと。

悪かった点は、スタートしてから数百メートルで脚がパンパンになったこと。
  1. 2014/07/20(日) 22:46:19|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report] JET20戦 JBCF石川サイクルロードレース 大野国寿[E2]

[リザルト]
JBCF石川ロードレース E2 5位(完走33名/出走109名) 35pt
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

今期初の実業団レース。今年はコレだけになる恐れもあるので、降格されないだけのポイントは頂いておきましょう!&あわよくば勝利に絡む。。。。という微妙なモチベーションでエントリ。(やってきた練習の内容、質的に大きな事を言う次元にいないので)

結果、大落車などあり有力どころがDNFor追走で脚使わざる得なかったお陰か棚ぼた入賞ゲト。念願の桃ゲット&35ptで降格は回避( ̄Д ̄)ノ現状からしたら満足すべきところ。

展開は逃げたり捕まったりしながら最終周で粘って5位。

展開絡むレースは何があっても面白い。逆も真なり。絡めなかったはレースはツマラン。今回は楽しかったかな。
(写真:E2表彰式)
石川E2表彰式


[以下レースレポ]
コースは、集団有利だけど地力が必要となるサバイバルコース。ポイントは下り後のアップダウン区間と最後の4km登り。4km登りは勾配が急になったり緩くなったり。緩い所は基本アウター。集団が有利な登り。例年小集団でのスプリントとなる事が多い。
(写真:E2スタート)
石川E2スタート時

[スタート〜1周目下りでの大落車]
 リーダーチームのタケシバンな方々が先頭でスタート。色々と怖いので前々へ移動。下りは前10名以内を心がける。日頃練習を重ねていたモホリッチポジションを実践投入したところすこぶる良くて、脚を使わず前々キープ。
 そんなんしてたら、自分の斜め後ろから落車音。ちょ、直線下りだし、60km/hくらい出てるんじゃ。。。その後、音がこだま。。。いや〜な音が連鎖的に聞こえてくる。んで、パーツの破片が飛び散るのが横目で見えた。。。。。(チームメートの本多選手が巻き込まれてDNF、斉藤選手が足止めされ追走を強いられた)

[1周目登りで先頭は20名ほどに絞られる]
登り口で後ろ確認。。。。20名くらいしかいない。なんと。。後ろは全部巻き込まれたのか。。先頭集団も多少の動揺があるのか登りはゆっくり。と、いうかサイクリング的な。。ペース上げたい人も見えるけど全体的に緩い展開に(最終周まで緩かった)
(写真:補給所付近)
石川E2レース中

[2周目下り後、追走が追いついてきたて先頭30名ほど。3周目逃げてみる]
ここで落車で足止めくらった脚のある面子が合流(チームメートのぴかくん含む)。そうこなくっちゃ!さぁここからレース再開しょ!ということで、登りで先行していた2名にブリッジ。下りを例のポジションで下って脚を使わず合流。集団と10秒ほど。んが、続かずアップダウン区間で後ろと合流。アカンね。さぁゴールに向けて脚貯めようかね。

[最終周。チームメートの逃げからの最後の登りへ]
知っている人で要注意はオベのバン選手、ベントスのヤチダ選手か。ヤチダ選手判別付かずでバン選手マークで。と、4周目最初の登りからチームメート斉藤選手と3名が逃げ体制に。下り踏んだようで最大30秒以上稼ぎだした。自分は5番手あたりをヒラヒラして前を引かずに脚を貯めることができた。斉藤選手がダメだったら自分がいかんば!
(写真:逃げ始める斉藤選手)
ぴか逃げ

[最後の登り]
流石に集団のペースがあがる。バン選手の番手確保。登りの序盤で斉藤選手吸収。前10人以内で登る。数名がアタックするがまだ行くべきでないと黙認(これが判断ミスだったか)引き続きバン選手マーク。ん?切れが無い。。。。おかしいな。。(後で聞いたら落車に巻き込まれて、2周3人で回して追いついて脚が無かったと。。。ごいす。。。)まずい追いつかん。前に出て追う。残り2km。時既に遅しか、、、、。。うががが〜とモガイてゴール。ゴール後は3位!って思ったけど、前に更に2人いて結果は5位。前の人数も分からんほど落ち着けてなかったと反省。他力本願では勝てませんな。。。反省。自分でいかんばね。
石川E2レース後

[次は]
次戦は乗鞍。JBCFは南魚沼ロードを予定。家庭の事情で不透明なところもあるけど、なんとか結果を残したい!ロードレース1勝が今年の目標なのでがんばりまっすよ〜(ホントか?なら朝練しろ)

  1. 2014/07/20(日) 22:40:06|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report] JET20戦 JBCF石川サイクルロードレース 高橋峰樹[E3]

クラスタE3   21位 

  前回の群馬CSCの反省を活かし,

①スタート位置への集合は早め
②スタート後は集団の先頭付近をキープ
③勝負に絡む

を目標に動いてみました。初めて走るコースですが,平坦がなく,登りor下りを延々と繰り返す印象。これは足にキそうだなと思うが,そんなもんみんな一緒である。
スタート後,最初の長い下りで先発していたE2で大落車が発生したことを知る。右側にオレンジ色のジャージが見え悪い予感が・・・ 本田君だ。と次の瞬間,本田君から声援が。数分前に落車したばかりなのに誰かの応援ができる心意気と,普段はもの静かな本田君が大声で声援を送ってくれたことで,何かスゴイ大きなモノをもらう。
集団は落車の影響やE2から落ちてくる選手を避けながら走っている影響でペースはそんなに上がりきらないといった感じ(それでも普段食い過ぎの私には登りの速度はけっこうキツイ)。それでも2周を終える頃には(後ろはそんなに見ていないが)40人くらいに集団が絞られてきており,序盤よりも走りやすい状況に。ただ集団先頭付近で実力のある選手達が細かいアタックを繰り返すので,もしかしたら逃げ集団ができるやも・・という思いもあり集団の前方をキープ,アタックがあれば食らいついていく作戦に。幼い頃から飛びまわる虫を追いかけ,泳ぐ魚を捕まえ,別れた女の子を未練がましくを追いかけてきたので,「逃げるモノを追う」のに迷いはなく,条件反射で反応する。
そんな状況で集団はまとまったまま最終周へ。長い下りで2名が先行したので加速して追う。合流しローテを一巡したくらいで他の選手から「抜けたよ,回して行こう」と言われる。「マジすか,行きましょう」と返すが足が攣りそうである。なんとかローテを一巡したくらいで相当厳しかったので「短く回して行きましょう」と他の選手に話しかけた瞬間,既に後ろの集団と合流してしまっていた。ごめん,本田君,やる気ははちきれんばかりにチャージしてもらったけど,ここからは厳しいかも・・ 上がりきった心拍を下げるには登りの速度が速すぎる。その後1名が逃げ,しばらくしてフィンズの安立君が追う,そのあたりから徐々に集団前方をキープできなくなり,ズルズルと後方へ,1位と15秒差,21位でゴールとなる。

  所感:目標の①~③はなんとか達成できたのかな? 集団前方をキープできていたのは良かった。集団内で走るのはストレスを感じるし,序盤はほんの少しのスペースにかぶせ気味で割り込んでくる選手がいて危ないと感じた。なによりコーナーを自分のペースで走れるのが気持ちいい。やっぱり前がいいみたいですね。 他には,集団についていける登坂力と,最後に勝負できる登坂力には明確な差があると感じた。自分には今回集団についていけるくらいの登坂力しかなかった。最後,勝負どころでもうひと踏ん張りできる力が足りていなかった。次は南魚沼を予定しているが,最後に勝負できる身体を造ってレースに臨みたい。
最後に本田君,応援ありがとう。今回はダメだったけど南魚沼ではがんばります。

レース後,会場でレースを見ていた5歳の娘から一言。
(自分はいつも落車するもので)「パパ、ケガしなくて良かったね~,でも最後は全然ダメだったね~」
・・・くそぅ,しっかり的を得た,しかもグサッとくる一言を軽く言ってのけやがって・・・南魚沼では見てろよ,小娘!

以上です。
  1. 2014/07/20(日) 22:26:52|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Preview] JET20戦 JBCF石川サイクルロードレース

◆2014 Jエリートツアー 第20戦

第13回 JBCF 石川サイクルロードレース 東日本大震災復興支援大会

○ 開催日
7月20日(日)

○ 出場選手
大野国寿[E2]
齋藤光一[E2]
本多拓貴[E2]
高橋峰樹[E3]

○ スケジュール
7月19日(土)
15:00-16:00 コース視察/試走
16:30-17:30 選手受付(ホテル下の湯)
17:30-18:00 監督会議(ホテル下の湯)
7月20日(日)
10:30-12:00 選手受付(山橋自治センター)
12:00-12:50 出走サイン(山橋自治センター)
13:00 スタート(E2/54.4km=13.6km×4周/レイティングC)
13:02 スタート(E3/54.4km=13.6km×4周/レイティングD)
15:10 表彰式

○ 天気予報(15日現在)
曇/28-20度/雨40%

○ レース情報
http://www.jbcf.jp/race/2014/ishikawa/index.html

○ 会場(福島県石川町・浅川町周回コース:JAあぶくま石川山橋支店前スタート)
http://www.jbcf.jp/race/2014/ishikawa/course_map.pdf
  1. 2014/07/15(火) 20:12:29|
  2. Race Preview
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report] JET19戦 JBCF乗鞍スカイラインヒルクライム アンディ・ウッド[E3]

Build up

I've trained well for this. My weight is 74 kg. The Lynskey titanium frame and GS Astuto carbon 50 mm wheels weigh in at 8kg. The gearing is 34 × 25 bottom gear.

Course

The course is 18.4 km. 7.4 percent average gradient. Some steep sections. Some easier sections. At 2,600 metres, the air is thin at the top. Strong winds are also a factor.

Warm up

I plan a good one.

Two climbs up to the top of the small pass at tempo pace. Then raise the heart rate to 170 HR x 3.

(20 km, 800 m climbing)

Race

80 to 90 E3 starters. Light rain. Perfect racing conditions!

3,2,1 Go!

A neutral start. Behind the race car. Nice and easy.

The flag drops. Jostle for position.

The first 4 km are 10 percent plus all the way. A small group of 5 get a gap. I'm in a second group of about 10.

I should be in the front group. But I'm not that kind of explosive rider. I'll try to draw them in...

80 cadence. 180 heart rate.

I break from our group. One guy, race number "550", on my wheel. I signal him through. "Let's work together".

4km on the clock. Through the toll gate. The 5 leading riders are 100m up the road. An easy section. A big dig to close the gap. Don't ... quite ... make ... it ...

Steep again. A big guy falls off the front group. 550 attacks as we pass him.

Still 12 km to go. "Take my wheel". But he can't hold it.

In the distance another rider drops off the front. 550 joins him. 2 of them up the road. The road flattens. They start to rotate.

Into the big ring. I need to bridge. Someone on my wheel? A team Tondemo rider "How you going Andy?" "Enjoying the ride!"

That was it. I was really enjoying it. First time to feel this good on a climb in years...

"Let's work together." "First let's catch those two!"

The Tondemo guy is strong. Soon we are a 4.

I love this course. So much variation. Really steep. But also rolling in places. We start to rotate. One guy can't hold pace. He drops off the back. Down to a 3.

The road steepens. The Tondemo guy is too strong. He opens a gap. Let him slip away. A great move that will see him finish 2nd.

Just me and 550. 5th and 6th on the road?

The upper reaches. A marshal warns about the wind as we turn a corner...

Wham! Straight from the side. We work together to shelter each other. A two man echelon!

Pass a Nalsima guy who's fallen off the front. He’s gone. 4th and 5th now?

Another rider joins from behind. He's strong. Taking big pulls. We're rotating well though. We need to in this wind.

It’s like tornado time in Kansas. A big guy like me has an advantage when the wind is like this. The deep rim wheels are steady. A great test for them. Two riders sheltering in my shadow.

Like the flick of a switch, the wind changes. Dorothy and Toto come flying passed! Like leaves in the wind. I’m out of the saddle. Raise the mast! 40 kmph up a 10 percent grade! Laughs all round….

Right up in the clouds now. 3 of us battling it out for 4th, 5th and 6th.

Up and up. Above the tree line. Snow on the side of the road.

On to the top of the mountain. Rolling road. Head wind. 1 km to go...

My effort has been a TT. A TT on the limit. So when it comes to sprint time ... I just … don't … have it ...

Result: ( 6th, 1:08:50, 172/180 HR)

Happy with my effort though. I'm back as a hillclimber. I'd almost given up. Loving climbing once more!
  1. 2014/07/13(日) 20:48:41|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Preview] JET19戦 JBCF乗鞍スカイラインヒルクライム

◆2014 Jエリートツアー第19戦

第11回 JBCF 乗鞍スカイラインヒルクライム

○ 開催日
7月13日(日)

○ 出場選手
アンディ・ウッド[E3]

○ スケジュール
7月12日(土)
13:00-16:00 選手受付(殿下平総合交流ターミナル)
16:00-17:00 監督会議(殿下平総合交流ターミナル)
7月13日(日)
07:20 開会式(スタート地点)
07:18-08:08 出走サイン(スタート地点)
08:18 スタート(E3/18.4km/レイティングD-h)
12:45 表彰式((殿下平総合交流ターミナル)

○ 天気予報(11日現在)
曇時々晴/31-20度/雨30%

○ レース情報
http://www.jbcf.jp/race/2014/norikura/index.html

○ 会場(乗鞍スカイライン)
http://www.hida.jp/norikura/
  1. 2014/07/11(金) 19:51:42|
  2. Race Preview
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad