F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第51回高石杯関東地域自転車道路競走大会 髙橋峰樹[一般男子]

第51回高石杯関東地域自転車道路競走大会

カテゴリ 一般男子 17位(出走45人)

群馬SCSで行われた本レース,10位以内で全日本選手権への出場資格がゲットできるという。距離は6km×13周(78km),苦手ではないコースではあるが試走及びアップの段階で足の調子がよくないことを自覚。カーボローディングと称して昨日暴飲暴食したせいだろうか・・・まぁ走ってるうちに良くなることもあるだろうから最初は集団前方で刺激いれとこう,みたいな感じでスタート。

チームからは大野さん,ピカ君,まじめな方の本田君,淵田君,自分の5名。新潟からはでら君,FINSのKNT君,ばん君。スタート前に近くにいたばん君のごつい脚と80mmはあるであろうディープなリムに戦意を喪失させられそうになる。

序盤は飛び出したい感じの選手が前にちょっと出てみては吸収され,を繰り返す。何度かついて行こうと試みては無駄に乳酸を溜める結果となる。脚の調子が良くなるどころの話じゃないな・・そんなこんなでそろそろ後ろに下がって休もうかな,なんて考えていたらいつもは後方固定のグライペルが前方にシフトしてきていた。心臓破りをきれいなフォームで上るなぁなんて思っていたら前にチョイ逃げができていた。ブリッジするか迷ったけど,これまでの展開でやや乳酸がたまり気味だったことと,グライペルが追っていったことで自分は追わなかった。

しばらくすると逃げとの差が15秒との情報が。逃げが決まって少数スプリントになったらグライペル勝っちゃうんじゃない?そんな思いから大野さんと前に出て追走を試みる輩に蓋及び心理的プレッシャーをかける。タイム差はどんどん伸びて80秒へ。逃げは確定的となる。

さて自分はこれからどうしようか?別に全日本選手権の出場資格が欲しいわけでもないし,逃げが確定した時点で自分の役割は終わってるわけで(当初から決めていた役割ではないけどなんとなくそんな風に考えてしまう)。そんな宙ぶらりんな心理状態でたまに前を引いたりしながら最終周の鐘を聞く。うん,今回は確かに聞いた!

心臓破りは登り終わってからラクしたい気持ちがあったので,早めに登り終えたつもりが集団先頭で登り終えてしまった。そこから誰が引くんだ?みたいな感じになり,早く登り終えちゃった人たちが前を引かされる形に。もうこの時点で完全に失策気味。自分のローテも直ぐに回ってきた。残りは500m程。後ろを見ると集団は広がっておらずほぼ一列棒状。左に寄ってみるものの越してくる気配がない。う~ん・・・

ここで悪魔が囁く。

「このまま先頭で誰にも抜かれないでゴールしたら超かっこよくね?」

いや、そんなこと絶対不可能なんだけど・・・でも・・できたらさ・・超かっこいいっすよね(@_@)

それまで宙ぶらりんだった心に一気に火が付く。(ドアホ~!)

よっしゃ~!ついてこれるもんならついてきやがれヒヨッコどもが~!(すみません) と速度を上げる。

ゴール前のコーナーで左からばん君が。んんんん~負けるか~と謎の闘争心を燃やし,残り200m,気持ちとは裏腹に脚が回らない。完全なる早掛け,いやそんなもん承知の上である。どこまで粘れるかなんだよぉぉ!とかまたも良く分からない理屈。まだだ~!と踏み続けたが徐々に失速,ゴール前で立派に育ったヒナ達10数羽の巣立ちを見届けた後,満身創痍で計測地点を通過した。

結果は17位でグダグダだったけど,我が生涯に一片の悔いなし!楽しかった!

調子の良くない脚で(いやホントは良かったのか?)けっこう動けたし,ゴール前も予想以上に粘れたし,次はあそこをああしてこうすれば良い結果に繋がるんじゃないかな?と感じた内容でした。

グライペルは登りで撃沈したとのことだが堂々の2位,素晴らし過ぎる。力の使い処ってことなんだね・・肝に銘じます。女子の部,もえマグロも2位。いやすげーよアンタ!

自分ももっと上位に絡めるように(楽しみながら)頑張りますね。

レース後は定番のお子様接待。子供チーム vs 乳酸漬けパパ 内容はオモシロ自転車を用いた3番勝負。

結果は3戦全敗でした。自転車のチョイスミスもあったけど,速くなったなヒヨコども・・・パパの屍を越えていくがいい・・

以上です!

スポンサーサイト
  1. 2016/05/29(日) 23:02:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第51回高石杯関東地域自転車道路競走大会 盛永母映[女子]

「高石杯第51回関東地域自転車道路競走大会」に参加してきました~!


場所:群馬サイクルスポーツセンター
1周6km×5周回

リザルト 女子2位
54:55 (TOP差 +37秒) AVS 32.77 kph



10位以内に入ると全日本選手権の切符が手に入るという!
さて、気合い入れていってみよ~~!!!



スタート前は、シマさん、emi姉様のお陰でリラックスモード。
もう少し緊張感あったほうが集中できるのでは?!と思うほど。


みんな一斉にスタート、最初は落ち着いたペースでローテ回しつつ様子を伺う感じ。

心臓破りの坂の前のアップダウンで前評判で有力選手だというオリンピック強化選手の子があげる。今にもアタックしますよ~と言わんばかり。
んで、キタ!心臓破りの坂!
アゲアゲなペースで突っ込み、先頭集団は5人に。

次の1周はこの5人で回す。
ペースは一旦落ち着く。


んで、2度目の心臓破りの坂。
その前のアップダウンでまた強化選手の子があがってきて…

アゲアゲ!心臓破りの坂!第2弾!!


これについていけたのが、わたしだけ(奇跡的)。
んで、2人で回していきましょうってことで走るんだけど…
なにせその子が速いため、こちらもいっぱいいっぱいで。
すんません言いつつ、ローテを数回パスさせてもらう感じ…情けない。



でも無理して牽いて千切れたら、個人TTになってしまい、後続が協調して3人で追ってきたら…って不安もあって、なかなか積極的に動けず。



でも、2周目5人ローテしてたとき、皆なかなか前に出てひこうとしなかったから、後続の3人が協調して前を追う姿は正直想像できなかった。


とはいうものの、何度か後ろ振り返って確認はしたけど、多分大丈夫だろうと。


だし、わたしはついて行けるとこまで前についていくのみ!



4周目でアタッコかかり、反応できず。
個人TTに切り替わる。


が、このまま姿見えなくなると思いきや、その差広がらずずっと前に見えている。結局個人TTではあるものの、最終周の心臓破りの坂手前までは姿見える。


追おうと思えばできたかもしれないけど、前評判でオリンピック強化選手とか聞いちゃうと、「負けてもしょうがないか」とかレース中に思っちゃって。
これは、重大な、敗因です。


最後の心臓破りの坂で一般男子に追い抜かされる。
新潟勢のみんなが、
「もえちゃん、頑張れ!!」
って声をかけてくれて

それに、「はいっ!」って応えてたら、いつの間にか心臓破りの坂を登りきってしまっていた。。。
本当にありがとうございます。



んで、最後は、(何のためかわからない)
おひとりさまスプリントでゴール!!




photo by chigusa



ゴール後、emi姉様とクールダウンに。
新潟女子は2位、4位と大健闘!(←自分で言ってしまう)


レース後は、男子のレースを見守る。
5周でも辛かったのに、男子は13周。
チーム力溢れるレース展開と、新潟勢の力走にもう大興奮!!


見事、淵田選手が2位!
本当に、凄い!!!!




チーム集合写真です。


反省:4周目のアタック後、1位選手となかなか差が開かなかったため、相手も苦しかったと思われる。だからアタックに反応して喰らいついていけばよかった。とはいえ、今回は単純に力負けした感じ。
べースアップも含めて短時間も頑張りたい。



来年の全日本選手権の切符を手に入れた。今年に入りレースが続き、上には上がいることを身をもって実感してきた。まだ見ていない世界もたくさんあるだろう。
調子があがらない、機材が十分でない、仕事が忙しい…いろいろあるけど、それを言い訳にやらないのは勿体無い!
挑戦を繰り返しながら、少しずつあげていければと思う。



まだ、やれる。
むしろ、まだまだ、これから。


挑戦は、つづく!!!

  1. 2016/05/29(日) 23:00:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第51回高石杯関東地域自転車道路競争大会 大野国寿[一般男子]

正式レース名はタイトルの通り(ながっ)。通称「高石杯」or「関東ロード」に出走してきました。10位以内で来年の全日本選手権の出走権が得られる大会。来年の全日本は那須という噂もあるので、早目に出走権をゲットすべくエントリー。

リザルト 15位(45人出走)
NP268w 167/187拍 88回転

最後はチームメートのグライペル含む4人逃げが決まって、5位争いのスプリントに。前で展開しつつ脚溜めてたけど、前に出られずお終い。

個人的には目標届かずだったけど、チームとして動いてグライペルが2位入賞したのでチームとしては◯かな。グライペルには勝って欲しかったけども。

@@@@@
以下レースレポ

1200スタート。45人と少ないのでスタートはストレスなし。エントリーリスト見ると、チェックすべきは、JPT勢と学連強豪と唯一の高校生花田選手か。

レース距離は6km×13周の78km。基本戦略はラストまで脚温存でラスト勝負。チームメートが逃げれば援護に回る感じ。今回は5人居るので何とか絡みたい。特に地脚のあるミネキングとグライペルに期待。

スタート。序盤は中盤で様子を伺う。前の方で逃げたい選手が動いているけど、前半決まらないだろうと踏んで基本静観。序盤の落車でピカくん失う。

6周過ぎて皆んな疲れてきたタイミングで、奈良選手、佐野選手、中村選手が心臓破り手前からスルスルと抜け出す。100mくらい空いてから良いタイミングでグライペルがブリッジへ。

これは決めて貰いたいと、集団前方に居たミネキングと先頭コントロール。引かない訳ではないけど微妙なペースで周回しながら、有力選手が行った場合はチェック。追走は脚揃わずであっと言う間に1分差に。

hndくんに前に出て貰い、そこからはしばらく脚溜め。前の方でヒラヒラ。んで、終盤へ。ミネキングは相変わらずのフィジカルモンスターっぷりを時折発揮して、謎の集団先頭固定でグイグイとw

ラスト2周の心臓破りで、橋爪選手と花田選手がアタック。こりゃヤバいと追走するも脚がつりそうに。流石にこの2人のアタックには集団反応。ラスト周回中盤で吸収。。

んで、最後の心臓破り。脚余裕無かったので、坂手前で先頭出て前で坂に。番手落としながら下りで合流できそうな最終便で登頂。作戦通り合流してスプリントへ。

ラスト500mくらいから謎のミネキング先頭固定。。。せめておいらを連れて行ってくれよ、と思いながらラインを探すけど、良いのがないので、単身右から前に出る。左からはバンくんに引かれたKNTくんがスプリント態勢へ。まだミネキング前。どんだけぇーwうがぁぁともがくも上がれずでミネキングをちょい刺しして集団の11番目でゴール。


優勝は佐野選手。グライペルは2位。スプリント持ち込めば絶対勝てると思っていたけど、登りで破壊されたみたい。んが、おめでとう!次は勝てよ!

女子の部ではもえまぐろが2位!素晴らしい。このまま突き抜けて欲しいなぁ。お疲れ様!

  1. 2016/05/29(日) 22:56:38|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad