F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第15回JBCF石川サイクルロードレース 淵田祐[E2]

JBCF石川サイクルロードレース(E2) ・・・10位(+0:03)

 自分の脚質に合ったコースで本来なら最終盤に爆発して勝ちを狙えるレース、だが先週末のチーム練で出し切ってから調子が戻らず多めの休養も実らずでパワーもシーズンイン当初以下に。パワーが出ないならエアロで補うしかないと初のエアロスーツで出走。

 レースは安定の最後尾スタート、自分的には中盤アップダウンや終盤の登りでポジション上げやすいコースなので焦らない。今回も何故か登り区間で落車発生、下りも斜行が目立つ。最終回まではリスク犯さず脚使っても安全に走る。
 最終週に入ってアップダウン区間で踏んで先頭付近に上がる、下り区間は声ガンガン出して安全確保。残り4km切って直角カーブからの登り始めで峰樹さんが単独で飛び出しているのが見える、峰樹さんとなら逃げ切れるんじゃないかと後続連れて行かないように一気に踏んでブリッジ。不意に近づいて変に無駄足使わせないようにキャッチする手前で声をかける、「○✖△!!」は多分「ペースで行きましょ」だったと思う。麒麟山二人逃げで上がるテンション、とは裏腹にいまいち上がらないペース。峰樹さんは下りのアドバンテージで登りを楽にこなすために前にでたのあってアタックではなかったらしい。そして吸収。

 先頭固定で引いてる選手、その後ろで機を伺う選手。その後ろに「回すから入れて」と言ったらすんなり入れた。先頭引いてる選手は苦しげながらも先頭交代を要求する素振りはなくペースは落ちる。ここから先はちょっと記憶が曖昧。左後方からアタックがかかり二番手の選手が追走、そこに自分も付く。前は7人くらいだったか。2周目終盤で攣ってた右裏腿がそろそろ限界でラスト勝負は厳しいことを悟る、そういや逃げでテンションあがってたけど不調だったなぁ。。それならせめてもと一縷の望みをかけて勾配がきつくペースが緩んでるところでアタック、後ろがけん制すれば万が一もあり、つかまっても先頭に残ってた二人の脚休めにはなるか。沿道からの声援が耳に響き気持ちが上がるが後方を確認すると泳がされているのは一目瞭然、せめて少しでも長く逃げようと付け焼刃のエアロポジションで悪あがき。吸収されるときに麒麟山二人の姿を確認し本日2度目の「○✖△!!」を発し見送る(確か「頼んだ」だったと思う)。

 できるなら去年の再現でここから力が湧いてきて踏み直せれば良かったけどそんな訳もなく最後のスプリントで一人刺され10位フィニッシュ。ゴール後左に寄せて止まり、どうするべきだったのか、悪いなりにもっとやりようがあったのじゃないかと自問自答。恐らく今年一番優勝を狙えたレースを逃してしまったという喪失感。結局入賞したってどんなに出し切ったってたとえレース直後は満足してても帰路で、家でレースを振り返って、仲間に展開を話したりして後々悔しくなる。勿論今回は全然満足してないし悔しいだけだけどこれを糧にしなければ。次は1位になって文句なしの満足感を得たい。

スポンサーサイト
  1. 2016/07/17(日) 22:32:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第15回JBCF石川サイクルロードレース 高橋峰樹[E2]

 JBCF 石川ロードレース クラスタE2 (距離40.8km 出走112名 完走75名)

 リザルト 3位(1:03:07 トップ差なし)

何気にJBCFは初戦な感じな石川ロードレース、今年で3回目の出走であるが、どうにも苦手意識が染みついている。

二日の休養をはさんで、当日は朝05時起床、からのストレッチ。巷では某有名チームの○○オイルなんてものが流行っているが、フフフ・・・・ウチにはあるのですよ、古から伝わる万能の秘薬、そう!マムシ酒が!!こいつを脚にスプレーしストレッチ完了!本多君をピックアップし石川へゴー!
降水確率は30%、アップの段階で本日の「今日なんだかイケそうな気がする度数」 90%  うん、脚の調子はエエね。あとはアタマか・・・

距離は短くなって40km、その分強度があがってアタックは決まらんだろうな、なら最終周までは温存よね~的な作戦。

チームからは本多君、ピカ君、グライペルと自分。スタートは真ん中あたりからで、最初の登りで20番手くらいに位置する。以降は5~20番手をキープ、後ろや真横では4回ほどの落車を確認、やっぱこのあたりのポジションをキープしておいてよかった。というかなんでもないとこで落車多過ぎじゃ・・・チームメイトが巻き込まれてなければいいが・・・

時折かかるアタックっぽい動きに本能を揺さぶられながら、ギリギリで我慢、「お~んぞん、お~んぞん、お~ぞん・・・あ、大損に聞こえる」とか変なテンションで周回を消化。
登りに関しては1周目はややキツイ感じで、2周目はそうでもない。このレースを想定して10分程度の登りのインターバルを繰り返してきたが、う~ん、デブだし自信ないなあ・・・ ただ下りに関しては別である。ホイールはアダックのおっちゃん特製&サガミの山田さんカスタムチューン、加えて体重66~67㎏の自分である。2周目までの下りで自分にアドバンテージがあることは確認済み、最終周、いくしかないっしょ!と勝負所に備える。

そんで迎えた最終周、ピカ君が上がってきた。グライペルもいる。生きていたか友よ、ってあれ?本多君は?あとから聞いたら1周目で落車しグルペットゴールであったとのこと。無念(+_+)

スタート後の短い登りを終え、3人程の逃げができる。毎度のことであるが「俺もいぐ~」と追走、4人の逃げができる。後ろを確認すると「お?イケるか?」ぐらい離れている。周りに「決まりそうです!行きましょう!」と声をかける。が、ローテが一巡したあたりであえなく吸収 ((+_+)) 吸収されんの早かったな~ 「さ~せん!」と一応周りに謝っとく。すると、オーベスト(だったかな?)のガタイのいい選手がアタック、200mほどの先行がしばらく継続するが見えてるしほっといても決まらんだろうな、と思いつつ集団先頭付近に位置する。近くにはピカ君もいる。
これから先は得意の下り区間である。ピカ君が前を引いているタイミングに合わせてエアロなポジションでスイ~っと前に出る。後ろは・・・お!来てない!ラッキー、トばすぞ~!とノーブレーキでぶっ飛ばす。先行していた選手に一緒に来られると困るので躱す時だけ踏む感じ、あとはデブのアドバンテージである慣性に物を言わせ、おそらく10数秒の先行で最後の登りに突入。

これからの作戦は以下の通り。

「吸収されるまで踏まない」 

自分はデブである。10分の登りは正直キツイ。ただ5分程度の短い登りであれば勝負できる・・はず!ということで勝負は自分の逃げが吸収されてからでしょ!!と括り、以降はペース走に毛の生えた強度で黙々と踏む。

どんなもんかな~、いつ来るかな~、つーか来ないといいなー、とか考えていると 「○✖△!!」と後ろから声がする。振り返るとそこには単独でブリッジしてきたグライペルが!( ゚Д゚) ・・・シルエットでけぇよ!!

ここからしばらくは二人逃げとなる・・・が待てよ、自分は吸収されるのを前提に逃げているが、グライペルは逃げ切りたくてここにいる。どーしたもんかなー・・・後ろも見えてるけど、まぁちょっと踏んでみて様子見だな、とやや強度を上げる。 これがけっこうキツイ。 これ以上踏むと吸収された後に動けなくなるな、と思っていたあたりで集団が迫って来ていた。やや平坦基調になったこともあって一旦集団に戻る。

後から聞いたらピカ君が集団に蓋をして速度を上げないようにしてくれたとか・・・ありがとう!でもごめんね!僕たちデブだから!(2人で140㎏)

吸収後はカウンターに備えて反応しやすい位置にいたが、集団の皆さんは後ろに付きはすれど前を行こうとはしない感じ。おのれ・・とドSパワーが溜まり始める。グライペルは集団から10mほど先行した位置を単独で走行中。何故だ?そうか!君も溜めているんだな、心の小宇宙(コスモ)を!? と、その背中に何か動いてきそうな気配を感じる。

そんなこんなでラスト500m。かけるにはまだ早いか?でもペースは上がる!おぉし!行ったろうじゃないか~!と自分もペースアップ。反応してさらに前を行ったのは4人、おや?グライペルおらん。そのまま最終コーナーを曲がる!脚は限界ギリギリ!だけど前の二人を抜けば念願の昇格だ!イケる!んんん~~!と加速して二人の間をすり抜けて3位でフィニッシュ!出し切った (+_+)

念願のE1昇格である。そして桃ゲット~!ああ~しんどかった。でもあれですね、作戦大事ですね。肝に銘じます。

次のレースはE1!そんな舞台でチーム戦ができたら・・・・・あぁ~今からヨダレ出るくらい楽しみだ~ 足手まといにならないように頑張ります!

帰宅後は例によってチビたちに結果報告。桃+賞金4000円効果で夜19時にもかかわらず屋外の駐車場でテンションがマックスに( ゚Д゚)!!「パパすごーい、桃食べたーい!」を大声で叫びまくる。「ちょっ・・・夜だから・・・近所の皆さんが・・・」となんとかなだめつつ家に入る。・・が、家に入って10分ほどで「たまごっちに餌やってくるね~」との言葉を最後にリビングに戻ってくることはなかったのであった。 わ~、ドライな喜び方~(´Д`) ていうかたまごっちまだやってたの?負けた・・(´Д`)

以上です!(泣)

  1. 2016/07/17(日) 22:31:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第15回JBCF石川サイクルロードレース 大野国寿[E1]

JBCF石川ロードレースE1クラスタ
リザルト:28位(完走52/97)
NP288(パレード除いたレース部分)

【目標】入賞
【作戦】最後まで脚温存でラスト登り勝負。逃げは放置。←これがあかんかった。
f0184839_14161038.jpg

写真.Twitterからの拾い物。不都合あれば削除いたしますm(._.)m

レース。E1はパレード込みで75km。5周回で4km坂を6回登る。例年サバイバルな展開となっているが、坂の勾配は緩く集団有利にてラストは小集団スプリントのパターンが多い。故に脚ない自分は脚温存でラスト4kmに備える作戦に。

スタート前、快のムラさん、アユさんとしゃべってたら最後方になってもーた。脚温存作戦にてまー良いか。

パレードで少し前に上がって集団中段でリアルスタート。前方ではスタートからアタック合戦。ヨワペやLINKが逃げ。集団伸びてて前の様子よく分からん。下りで楽して前に出たいけど、人数多くて中々前に出られないゾ。

1周目から逃げ決まったよう。追走が集団の前に見える状態で2周目へ。グーンとペース上がって追走吸収。また、前の方でドンパチやってるようだけど、まだ前に上がれず。あーあー、なんか引きづられてるだけな感じ。前に居ないと展開分からんね。

3周目は集団の人数減ったのと、ペース落ちたので前に出れた。どうやら逃げは確定見たい。50秒差。何人いるのか周りに聞いても、皆んなマチマチの答え。5名以上は居る模様。竹芝の清宮選手も集団にいるし、取り敢えず集団にお任せして脚溜めながら走る。登り最後方でクリア→下りで先頭→登り切り最後方。

3周終わりの4km登りへ。登り始めから清宮選手がズバーンとアタック。行こうと思ったけどあまりのペースの違いに唖然として付けず。。。何人か付いて行ったけど、皆んなパラパラと降ってきた。。結果、これが先頭への最終便であった。。。

竹芝が前に行ったので集団引く人が居なくなりペースダウン。前との差が広がる。。自分もローテに入って引くけど焼け石に水。。アカン。

最終周は諦めて集団後方で足貯める事に専念。ラスト下りで集団前方に出て最後の4km登りへ。思いのほかペース遅い。んが、自らアタックする程の余裕もなし。。位置どりに気をつけながら集団内でラストへ流れ込む。。あー、あー、被せられて番手落としてスプリントへ。ここでも4~5人に刺されて28位でゴール。

集団の頭でも9位だと。。結構逃げていたのね。全然気がつかなかった。レース前半でレースが決まってしまっていたみたい。。最初から前に居ないと行けなかったね。。。逃げても脚が持ったか微妙だけども。。。

E2ではチームメートが活躍。ミネキンが3位でE1昇格。これで後半戦のロードが俄然楽しくなってきた。良いレースできるようもう1段階積み上げましょ!
f0184839_14161042.jpg


次は乗鞍!念願の60分切りを目指すよ!

  1. 2016/07/17(日) 22:30:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第15回JBCF石川サイクルロードレース 齋藤光一[E2]

テーマ:ポディウムをオレンジ色に染める為にアシストに徹する。
リザルト:8位。

ロードレースに対応するためのトレーニングをずっとやり続けてきた。
後半のペースアップを想定したトレーニングには特に力を入れて取り組んだ。

13700068_654789451337366_8297113545196661426_n.jpg

スタート前、Unityの松本選手、オッティモの高橋選手と談笑。

高橋選手から

「イナーメのもやしくんをマークした方がいい。彼は強いから逃げたら追った方がいいよ」

とアドバイスをもらう。



スタートでクリートキャッチミスって、いつもの定位置の集団最後方に位置取る。

高橋選手、集団前方。

本多選手と淵田選手、集団中盤付近。

齋藤、集団後方。

後方から集団を眺めていると、人数が多い。

100名を超える選手がコース幅いっぱいに広がり斜行の嵐!!!

この集団は危ないと思い、多少脚を使うことになっても安全マージンを取って集団との距離を空ける。

とはいえ距離を空けても右折する十字路、右折するヘアピン、ラスト4km地点手前のマット設置カ所で集団は必ず減速するので、こちらはブレーキを掛けずにコーナーをクリアできるし、何よりも右折後の立ち上がりで脚を使わずに済む。

1周目終わりの登坂区間で本多選手が落車しメイン集団から脱落する。。。

私の構想がこの時点で崩れ落ちた・・・

残るは高橋選手と淵田選手。

この2名をE1に昇格させる作戦で行く。

2周回終わるまでにはある程度の選手しか残らないだろうから、特に何もせずに集団後方でヒラヒラする。

最終周回に入っても特に何もせずに静観。

残り10km地点の短い登坂で集団前方を見ると4人の逃げが出来つつある。

集団後方から前方へ一気に出て便乗する。

ローテしてもすぐに集団に吸収され、私が先頭を牽くことに。

後ろから高橋選手が「さすがだね~」と。

正直な話、何が「さすが」かはわからなかった・・・←生意気ですいません 笑

湾岸な選手が下りでアタックし、高橋選手が前へ出る。

湾岸選手、高橋選手、私と微妙な距離を保ちつつ、残り4km地点の十字路に差し掛かる頃には湾岸な選手を吸収し、高橋選手と淵田選手が飛び出す。

淵田選手が飛び出すのは想定内だったので、内心ニヤリ。

あとは2名に行ってもらって、私は集団を抑える・・・と。

集団の頭を私が獲れば、F(t)麒麟山Racingでポディウム独占できる。

プラン2としては先行する2名に私も加わって3名で逃げ切る。

今の状態だと集団をそのまま牽き連れてしまう恐れがあるため、ここは我慢。。。

なので集団の先頭を牽いてペースを落とす。

しかし。。。

先行する2名との差が一向に開いてくれない。。。

何をやっているのだ。。。

いけ!いくんだ!いかなきゃ私がやっていることは無駄になるではないか!!!と思いながら、落としたペースを維持。

しばらく先行する2名とプロトンとの差は一定のままだったが、敢え無く吸収することとなった。

平坦路でイナーメのもやしくん(マークすべき人物)がペースアップ。

ずっと先頭牽いていたところのペースアップだったので、ちょっときつい。

先頭付近に位置しつつ食らい付く。

それから勾配がきつくなるところで淵田選手が飛び出した。

ここからフッチーの脚ならいけるでしょ!!!ということで再び先頭に出て、淵田選手を追う素振りを見せようものならすかさずチェックを入れた。

しかし。。。

淵田選手との距離が開いてくれず。。。

次から次へと先頭に出てくる選手たちをチェックする私。

そんなことを繰り返していたらいつの間に淵田選手を吸収してしまった。。。

まぁ、この間に高橋選手は後ろで休めただろう。

ゴールまでわずかとなり、最終コーナーの位置取りの為にここぞとばかりに私の後ろで休んでいた選手たちが前へ出てくる。

その中には高橋選手もいたので、高橋選手にすべてを託しつつ、私も千切れないように必死に食らい付く。

13718497_654789051337406_4317360614795249880_n.jpg

8番手まで下げてしまい、最終コーナーをクリア。

あとは踏むだけ。

隣はイナーメのもやしくんと7位争い。

タイヤ1本分ってところで負けてしまう。

高橋選手は3位入賞!!!

出来れば頭を獲ってもらいたかったのは内緒の話(笑)

最終周はF(t)麒麟山Racingがレースを掌握していた!(と思う)



反省点としては、3名メイン集団にいながら入賞者を1名しか出せなかったことが悔やまれる。

あと、自分が少し積極性に欠けるレースだったことも反省点の1つだ。

自ら動いて集団にダメージを与える走りをすべきであったかなと思う。

今回のレースはロードレースの面白さを改めて感じることが出来た。

またチームメイトと今回のような‘ゲーム’をしていきたい。

  1. 2016/07/17(日) 22:24:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第15回JBCF石川サイクルロードレース 本多拓貴[E2]

F(t)麒麟山Racingの本多です。
第15回JBCF石川ロードレースに参加してきました。

結果:完走

7時出発で10時頃に会場到着。レーススタートは12時半。受付、アップ、準備と余裕あり。
運転してくださった高橋さん、本当にありがとうございました。

レーススタート
1週目、所々で落車が頻発。スピードの落ち込んだところで落車が多く、怖いなと思っていたら。
コントロールラインまで後2km程の登り区間にて、前走車の減速に反応が遅れ追突しかける。追突の回避はできたが前走者の後輪と私の前輪がハスリそのままバランスをくずして落車。
バイクは右コントロールレバーの取り付けが曲がり、一部カバーが脱落したのみ。身体は擦過傷があるのみ、骨に異常はなさそう。再スタートをするが集団からは完全に離れ、足切りギリギリ。グルペットを形成し完走。

振り返り
登りで集団のスピードが落ち、密度が高くなっていた。自分も前走者との車間が詰まっていた事は理解している。
前段で頻発していた落車の事を、なぜ起きたのだろうと考えれば身体やバイクの接触による落車なのではと予想できたのでは? 反応の遅れは、減速量は適切か、ハスった時の対応。
回避できなかった私が悪い。

  1. 2016/07/17(日) 22:23:56|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Preview]JET21戦 石川サイクルロードレース

◆2016Jエリートツアー第21戦
第15回 JBCF 石川サイクルロードレース

・開催日
7月17日(日)

・出場選手
大野国寿[E1]
淵田祐[E2]
齋藤光一[E2]
本多拓貴[E2]
高橋峰樹[E2]

・スケジュール
7月16日(土)
15:00-17:00 受付(ホテル下の湯)
17:00-17:30 監督会議(ホテル下の湯)
7月19日(日)
07:50-08:20 受付(学法石川高校)
08:20-09:00 出走サイン(学法石川高校)
09:17 スタート(E1/75.0km=13.6km×5Laps+7km/レイティングB)
10:30-12:00 受付(山橋自治センター)
12:00-12:50 出走サイン(山橋自治センター)
12:30 スタート(E2/40.8km=13.6km×3Laps/レイティングC)
時間未定 表彰式

・天気予報(10日現在)
曇一時雨/26-20度/雨50%

・大会ホームページ
http://www.jbcf.or.jp/races/20160717_id=8123
・レーサーリスト
http://www.jbcf.or.jp/images/2016/07/RACE_ENTRY_ishikawa.pdf
・会場(E2スタート地点=JAあぶくま山橋支店前)
http://www.jbcf.or.jp/images/2016/07/ishikawa2016_guide.pdf
  1. 2016/07/10(日) 15:07:16|
  2. Race Preview
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad