F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

【REPORT】第51回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1 高橋峰樹

第51回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会 Day-1

クラスタE1 リザルト 42位(距離42.0km 出走134名)


体調不良でダメダメのレース展開となった。

【レースレポート】

初戦の群馬,乗り込みはそこまでできてはいないが力試し的な意気込みで参戦,FINSのイケメンは逃げがあったら乗りたいとのことだったので「じゃあ俺も行くよ!」とあいのり宣言をしておく。履行できずゴメン!

スタート位置は前から4番目くらい。リアルスタートまでのギスギス感がすごい,そして走りにくい。そんでリアルスタート。ペースはそんなに速くないが,なぜだ?着いて行くだけで辛い。1周終了時点でけっこういっぱいいっぱい・・なんだ?アップの失敗か?
 いつもの群馬なら前に出られるところでも,まったくかけられないぞ?とか思いながらずるずる後ろに下がっていくとグライペルが。「前に行きたいけど,行ったら脚が終わりそう」とのこと。うん,俺も!
 そのまま集団後方維持でなんとか脚の回復を待つ・・とやはり集団後方はインターバルと中切れの嵐,ひぃひぃ言いながらお尻にしがみつく。回復どころではない。
 そんなゾンビのような状態で最終周,心臓破り後の下りで見覚えのあるジャージが・・生田目さんだ。面識があるわけではないが密かに尊敬していた選手である。遅れるわけにはイカンぞ!必死に踏みとどまる。
 ゴール前の直進で4,5名先行していたのが見えたので無理にゴールスプリントはせずに流してゴール,42位となった。

ゴール後は頸部から両肩にかけて痛みがあり,こんな短時間で筋肉痛がくるとはまだまだ自分も若いなぁと,後から考えればとんでもない勘違いをたしなむ。その晩就寝中に激しい喉の痛みで目が覚め,風邪をひいていたことに気付く。頭痛,悪寒を伴う発熱,倦怠感,関節痛・・・あぁヤバいやつだ・・ 二日目DNS決定。

【振り返り】

集団後方にしがみつくだけで精いっぱいのレースであったが,体調が悪く,体重もベストから5kg増の中で千切れなかっただけでもまずまずではなかったかと思う。レース前はしっかり体調を整え,夜食にポテチなど食べてはいけませんよ,との海口元主将からの啓示であると感じた。

レース後は子供たちと群馬CSCフキノトウ争奪戦。けっこうたくさん採れたが娘はパパさんのレース展開に不満があったらしくしばらく冷たかった。かっこいいとこ見せてあげたいけど楽しみは後にとっておこうか。下の子は相変わらず「虫取りしたい」の一点攻め。まだいないって言ってるだろうが!とか言っといたけど,その後なんとかモンシロチョウを捕獲。すげー!諦めなければなんとかなるもんだなぁ,自分も次のレースがんばろう!と息子から元気をもらう。
不満の残るレース展開ではあったが,なんというか,人生に色がついていいなぁと感じた。

以上でがす!
スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 20:45:06|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad