F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第1回 JBCF やいた片岡ロードレース 淵田 祐

第1回 JBCF やいた片岡ロードレース【E1】・・・27/102位 1:14:58(+1:20s)

1周10.3kmを5周の51.5kmのレース。コースは○―○の眼鏡のカタチで―の部分が対面通行、の予定だったが対面は警察の了解が得られなかったと監督会議で通達。先頭から数分遅れて―の部分に侵入すると回ってきた先頭とぶつかってしまうために足切がシビアに。またスタート直後のシケイン(片岡シケイン)は狭いため追い抜き禁止との事。

事前にルートラボで確認はしていたが、試走してみると予想外に登りがきつい。3.6km地点の90度コーナーからの1分半の登り、その後下って登り返しが2発。5.9km地点の下り右コーナー後は残り1kmあたりまで下り基調なのが救い。残り1kmあたりから最終コーナーへの位置取り争いでドンパチしそう。

スタートは後方から。最初の登りで位置上げてそこからは前で動き続ける作戦だったが登り始めからペースが速く辛い、サイコン見ると500w超えててこりゃいかんと最後方でやり過ごす。登り返しは下りの勢いで位置上げられるので1発目の登りは無理せずに、正直調子良くなかったのでなんとか抑えて最終周を迎えるために必死で考える。下り区間は速やかにギャップを埋めて回復に専念。

1.2周目はさほど問題なく走るが3周目の登りで先頭付近でチーム単位?のペースアップがあり集団が割れる。登り返しで位置上げつつ下りへ入ると先頭はかなり前、第2集団は纏まって走ってはいるけどこのままじゃ追い付けないと思い飛び出して前を追う。前からこぼれた選手を抜きながら先頭を追うがあと少しが遠い、前に見えてるのにもどかしい。結局追い付けないままシケイン超えたあたりで第2集団に吸収され勝負としてはここで終了。4.5周目は下り区間で前で動いたりしつつ最終コーナー手前でのペースアップに喰らい付いてスプリントに参加、27位でフィニッシュ。

3周目の登りのペースアップに対応できなかったのが悔やまれる。気付いていれば売り切れ覚悟で踏み抜いたのにペースで登っている間に決定的な差がついてしまった。そもそも登りを前目でこなせる登坂力がないと集団任せというか展開頼りの走り方になってしまう。平坦・下りでは集団に優位を感じたので必要なのは減量か。

今年の残り実業団レースは南魚沼TT・ロードレースのみ。しばらく期間が空くがしっかり準備して臨みたい。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/15(火) 16:57:56|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。