F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第20回JBCF栂池高原ヒルクライム 淵田祐[E2]

JBCF 栂池ヒルクライム(E2)・・・8位 57:41(+3:21)

 JBCFのヒルクライムレースは初参戦。出走を決めてから固定ローラーでの1時間TTを繰り返し仕上げのインターバル練、体重も74kgまで落ちてコンディションは良好。

当日受付を済ませ宿で固定ローラーでアップを済まし検車へ、ここでまさかの規定重量未満。そういや初ヒルクライムに備えて軽量タイヤに変えた分を考慮してなかった。。この時点で8:30、急いで宿まで登ってボトルケージとサドルライトに念のためツール缶に携帯ポンプと予備チューブを持って下りを攻める。なんとかギリギリ間に合って検車、ツール缶無しでも重量OKだったが既に荷物者は出発してるのでツール缶も装着して安定の最後尾へ。このとき持っていた予備チューブが一人のレーサーを救うことになった模様。受付の方々ご迷惑をおかけしました。

スタート後クリートキャッチを2度ミスる、最後尾なのでE3の方々に醜態を晒すことに。序盤の急勾配が終わるまでに先頭集団に入っていないと勝負にならないので一気に上げていくが20名ほどの先頭集団にわずかに追い付けないままホテル街への下りへ。ここで踏んで一気に詰めたいのにアウターに入らず追い切れない、売り切れ覚悟で前を追うか迷ったが1時間登りっぱなしという未知の領域にビビり自分のペースを守る。山岳TT状態でしばらく走り中盤でSEKIYAの石川さんを視界に捉える。10~20m程の距離が詰めらないまま追いかけるうちに先頭集団からこぼれた選手を抜いていく。残り2km程からペースアップしてさらに3人程抜き最後はスプリントして一人かわしてゴール。

敗因としては先ずスタート位置が後ろ過ぎたこと。序盤の急勾配区間を最初から前でこなせていたら先頭集団からこぼれることはなかったと思う。自分のペースで追い上げてこの順位なら先頭集団で走れていたらもう少し上を狙えたはず。もう一つの反省は事前に1時間程度の登りでの出力を把握しておかなかったこと。ヒルクライム巧者達はパワーメーターもサイコンも付けない人が多いらしいがヒルクラ初心者の自分が単独走する時はこの数値が心の拠り所。中盤もう少し踏んで行けたんじゃないかという後悔がある。

宮田・赤城山とまだ出走できそうなヒルクライムレースは残っているのでこの経験を生かしたい。

スポンサーサイト
  1. 2016/06/26(日) 21:02:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/100-28de90ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad