F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第15回JBCF石川サイクルロードレース 高橋峰樹[E2]

 JBCF 石川ロードレース クラスタE2 (距離40.8km 出走112名 完走75名)

 リザルト 3位(1:03:07 トップ差なし)

何気にJBCFは初戦な感じな石川ロードレース、今年で3回目の出走であるが、どうにも苦手意識が染みついている。

二日の休養をはさんで、当日は朝05時起床、からのストレッチ。巷では某有名チームの○○オイルなんてものが流行っているが、フフフ・・・・ウチにはあるのですよ、古から伝わる万能の秘薬、そう!マムシ酒が!!こいつを脚にスプレーしストレッチ完了!本多君をピックアップし石川へゴー!
降水確率は30%、アップの段階で本日の「今日なんだかイケそうな気がする度数」 90%  うん、脚の調子はエエね。あとはアタマか・・・

距離は短くなって40km、その分強度があがってアタックは決まらんだろうな、なら最終周までは温存よね~的な作戦。

チームからは本多君、ピカ君、グライペルと自分。スタートは真ん中あたりからで、最初の登りで20番手くらいに位置する。以降は5~20番手をキープ、後ろや真横では4回ほどの落車を確認、やっぱこのあたりのポジションをキープしておいてよかった。というかなんでもないとこで落車多過ぎじゃ・・・チームメイトが巻き込まれてなければいいが・・・

時折かかるアタックっぽい動きに本能を揺さぶられながら、ギリギリで我慢、「お~んぞん、お~んぞん、お~ぞん・・・あ、大損に聞こえる」とか変なテンションで周回を消化。
登りに関しては1周目はややキツイ感じで、2周目はそうでもない。このレースを想定して10分程度の登りのインターバルを繰り返してきたが、う~ん、デブだし自信ないなあ・・・ ただ下りに関しては別である。ホイールはアダックのおっちゃん特製&サガミの山田さんカスタムチューン、加えて体重66~67㎏の自分である。2周目までの下りで自分にアドバンテージがあることは確認済み、最終周、いくしかないっしょ!と勝負所に備える。

そんで迎えた最終周、ピカ君が上がってきた。グライペルもいる。生きていたか友よ、ってあれ?本多君は?あとから聞いたら1周目で落車しグルペットゴールであったとのこと。無念(+_+)

スタート後の短い登りを終え、3人程の逃げができる。毎度のことであるが「俺もいぐ~」と追走、4人の逃げができる。後ろを確認すると「お?イケるか?」ぐらい離れている。周りに「決まりそうです!行きましょう!」と声をかける。が、ローテが一巡したあたりであえなく吸収 ((+_+)) 吸収されんの早かったな~ 「さ~せん!」と一応周りに謝っとく。すると、オーベスト(だったかな?)のガタイのいい選手がアタック、200mほどの先行がしばらく継続するが見えてるしほっといても決まらんだろうな、と思いつつ集団先頭付近に位置する。近くにはピカ君もいる。
これから先は得意の下り区間である。ピカ君が前を引いているタイミングに合わせてエアロなポジションでスイ~っと前に出る。後ろは・・・お!来てない!ラッキー、トばすぞ~!とノーブレーキでぶっ飛ばす。先行していた選手に一緒に来られると困るので躱す時だけ踏む感じ、あとはデブのアドバンテージである慣性に物を言わせ、おそらく10数秒の先行で最後の登りに突入。

これからの作戦は以下の通り。

「吸収されるまで踏まない」 

自分はデブである。10分の登りは正直キツイ。ただ5分程度の短い登りであれば勝負できる・・はず!ということで勝負は自分の逃げが吸収されてからでしょ!!と括り、以降はペース走に毛の生えた強度で黙々と踏む。

どんなもんかな~、いつ来るかな~、つーか来ないといいなー、とか考えていると 「○✖△!!」と後ろから声がする。振り返るとそこには単独でブリッジしてきたグライペルが!( ゚Д゚) ・・・シルエットでけぇよ!!

ここからしばらくは二人逃げとなる・・・が待てよ、自分は吸収されるのを前提に逃げているが、グライペルは逃げ切りたくてここにいる。どーしたもんかなー・・・後ろも見えてるけど、まぁちょっと踏んでみて様子見だな、とやや強度を上げる。 これがけっこうキツイ。 これ以上踏むと吸収された後に動けなくなるな、と思っていたあたりで集団が迫って来ていた。やや平坦基調になったこともあって一旦集団に戻る。

後から聞いたらピカ君が集団に蓋をして速度を上げないようにしてくれたとか・・・ありがとう!でもごめんね!僕たちデブだから!(2人で140㎏)

吸収後はカウンターに備えて反応しやすい位置にいたが、集団の皆さんは後ろに付きはすれど前を行こうとはしない感じ。おのれ・・とドSパワーが溜まり始める。グライペルは集団から10mほど先行した位置を単独で走行中。何故だ?そうか!君も溜めているんだな、心の小宇宙(コスモ)を!? と、その背中に何か動いてきそうな気配を感じる。

そんなこんなでラスト500m。かけるにはまだ早いか?でもペースは上がる!おぉし!行ったろうじゃないか~!と自分もペースアップ。反応してさらに前を行ったのは4人、おや?グライペルおらん。そのまま最終コーナーを曲がる!脚は限界ギリギリ!だけど前の二人を抜けば念願の昇格だ!イケる!んんん~~!と加速して二人の間をすり抜けて3位でフィニッシュ!出し切った (+_+)

念願のE1昇格である。そして桃ゲット~!ああ~しんどかった。でもあれですね、作戦大事ですね。肝に銘じます。

次のレースはE1!そんな舞台でチーム戦ができたら・・・・・あぁ~今からヨダレ出るくらい楽しみだ~ 足手まといにならないように頑張ります!

帰宅後は例によってチビたちに結果報告。桃+賞金4000円効果で夜19時にもかかわらず屋外の駐車場でテンションがマックスに( ゚Д゚)!!「パパすごーい、桃食べたーい!」を大声で叫びまくる。「ちょっ・・・夜だから・・・近所の皆さんが・・・」となんとかなだめつつ家に入る。・・が、家に入って10分ほどで「たまごっちに餌やってくるね~」との言葉を最後にリビングに戻ってくることはなかったのであった。 わ~、ドライな喜び方~(´Д`) ていうかたまごっちまだやってたの?負けた・・(´Д`)

以上です!(泣)

スポンサーサイト
  1. 2016/07/17(日) 22:31:00|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/105-f990d687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad