F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第3回JBCF東日本ロードクラシック 田崎友康[E1]

たった4周しかないので、前々で展開して弱ペを含む逃げに乗れれば、という気持ちでスタート。

レンズはeyecueさんオリジナルのクリア系ミラー。ここはトンネルが暗いからクリア系が必須。純正品では明るいミラーがないのだけど、そこがeyecueさんのすごい所。



スタート直後、そんな上げたつもりはなかったが、グオーと加速する弱ペの選手に合わせたら集団とギャップが出来て、逃げを形成。チームメンバーのnyoさんを含む5名。1周で30秒差を獲得。

2回目の登りでも30秒差で逃げが継続し、finsのアダチンコがブリッジして合流。こりゃ良い展開。ダムサイトを周回中は20~30秒の差で推移。逃げ側も集団側も様子見ってな状況。

しかし、3回目の登りで急展開。麓で30秒あった差が一気に無くなり、集団に吸収。有力選手のブリッジを期待していただけにガッカリ。超絶ガッカリ。岡選手や清宮選手のチェックに切り替える。

そのまま集団で4回目の登りへ。ここで単独でペースアップし少人数の抜け出しを図ろうとするも、逆に岡選手、清宮選手、アダチンコを含む数名に先行される。

が、その後にブリッジして合流!!いいぞー。このまま逃げようぜー、な自分の気持ちとはすれ違いが生じ、逃げメンバー、踏まない。そうか、そうですか。最後の登り勝負にしますか。彼らにしては登りで十分なアドバンテージがあると判断したってこと。

間もなく集団に吸収され、自分の入賞はほぼ厳しいと悟る。
最後の登りに向けて集団は不安定。十字峡を折り返した後、ペースが落ちたところでアタック。頼む、見逃してくれ的な。再び最初に逃げたsaitamaな選手と、また一緒ですね~とか言いながらローテ。でも逃がしてくれな
かった。。

5回目、最後の登りはnyoさんに次いで登りに入り、そのまま先頭にでて淡々と登る。淡々としか登れない。アーメン。

最初のヘアピン前で有力選手陣に抜かれ、入賞が届かぬものになってしまう。

ミネキングに檄を飛ばしたりしながら淡々とゴールへ。応援してくれた多くの方に感謝し、ハイタッチしながら。最後はお決まりのポーズで。笑

多くの応援してくれる人の前で入賞、いや優勝したかったが、ほど遠い結果。悔しい。
風邪を引いてしまったり、左足に座骨神経痛の痺れが出ていたり、万全では無かったにせよ、今の自分はここ数年で一番弱い。
まあ、楽しくやっていれば、また強くなる日が来るか。

来年こそ優勝。
応援に来てくれた皆さん、来年こそ期待して下さい。
最後に運営の新潟車連の皆さん、国体から連チャンの方も居たかと思いますが、本当にお疲れ様でした。

スポンサーサイト
  1. 2016/10/16(日) 23:36:43|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/128-593ba165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad