F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第1回 JBCF宇都宮ロードレース 齋藤光一[E2]

リザルト:16位

調整不足ということもあり、今回のレースの目標は完走であった。

試走を終えるとスタートラインには既に選手が並んでいたが、エルドラードの選手たちが横に入れてくれたお陰で中盤程でスタートすることとなった。スタート形式はマスドスタートで集団が縦に伸びる。冷静に他の選手の後ろについて集団中ほどに位置。鶴カントリークラブの登坂で集団は小さくなっていくことが容易に予測できることから、特に自分から動かずに静観。そもそも自分は登れない身体になっているので、鶴カントリークラブの登坂で千切れるだろうと予測しており、集団に付いていけるところまで付いていこうと思っていた。最初の鶴カントリークラブの登坂のペースはきつくもなく普通についていけるレベル。登坂も下りも難なくこなしていき1周回を終える。

宇都宮ロードのコースで一番辛かったのが、萩の道から左折し、平坦区間に入った時に集団が縦に伸びることだった。ここで集団に追いつくために脚を使わざるを得なかったが、ここでも目の前にいる選手を風除けとして利用して集団に難なく復帰。2回目の鶴カントリークラブの登坂も難なくこなす。このペースであれば最終局面で勝負できるかも?と欲が出てきた。目標は完走だったけど意外と登れることがわかったので、勝ちを狙いにいくことにした。

3周回目の鶴カントリークラブの登坂でずいぶんと人が減ってきて、だいぶ動きやすくなってきた。しかし、最後の最後で鶴カントリークラブの登坂が待っているので、それまでに脚を溜めておく作戦にした。個人的には消極的な作戦でとてもみっともないけど前述通り登れる身体ではないので、少しでも勝利への可能性を上げるための苦肉の策であった。

最後の鶴カントリークラブ登坂の手前で集団前方まで上がっていき、鶴カントリークラブで一気にペースが上がった。そのペースについていくことが出来ずに千切れてしまい、トップから15秒差をつけられての16位でフィニッシュ。

最後の最後まで集団に残れたこと自体が奇跡だと思ったが、あと少しってところで千切れてしまうと悔しい。シーズン開幕したばかりなのでこれから徐々にパフォーマンスを上げていくようにしていく。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/24(金) 18:45:55|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/132-386a043a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad