F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第1回 JBCF那須ロードレース 齋藤光一[E2]

リザルト:29位

コースを試走してみると、とても単調なコースで集団がバラけないことが十分に予測されるものでスプリンターやパンチャー向けであると感じた。

ルーラーである私にとっては集団スプリントに持ち込まれたら勝機が限りなくゼロに近いので、何とか逃げて行くしかないと思った。

そこで今日の作戦は最終周回に入ったら逃げて逃げて逃げまくる!作戦で行くことにした。

スタート位置は先頭から5列目ぐらいとそんなに悪い位置ではない。

スタートすると思った程人口密度が高いわけでもなく、危険だと感じていたスタート直後の下りも落車もなくクリア。

E2にしては珍しく落ち着いた感じで周回数をこなしていく。

4周目の急坂の右端で落車が発生し、コースを塞がれた訳ではないけど集団のペースが緩んだ

その後の下り、直角コーナーで集団が伸びて、先頭集団に付き切れしている選手たちを交わしながら行くも、なかなか先頭集団に追い付かず全力でモガキ続けた。

結局コントロールライン直前で集団に復帰し、その直後に通過したコントロールラインで大野選手のガッツポーズを確認。

残り1周ありますよーーー!と心の中で叫びつつもレースに集中する。

本当はこの時点で逃げたかったけど、先頭集団に復帰するためにかなり脚を使ってしまったのでまずは回復させるために集団後方で待機。

そのあと前へ出るタイミングを失い、ズルズルとラストの直線に入る。

牽制が入ったのか、ペースが上がったり緩んだりと落ち着かない。

再びペースが上がったタイミングで集団は左側車線に固まったので右車線のスペースが空いたので、そこからポジションを上げてゴールスプリントに備えようとした。

しかし、既に先頭はペースをさらに上げて遥か彼方にいて、そこから踏み直してみたが全く届かず。

今日のコースは私みたいな脚質ではかなり厳しいコースであったが、落車が発生するような位置でしか走れない自分のミスもあったので上がれる時に上げておくべきだったと反省している。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 21:41:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/139-ca056e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad