F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第1回JBCF那須ロードレース [E3 本田竜介]



リザルト
E3-2組目
14位/78人



以下、レースレポート


目標は優勝。
周回数が2周に変更され、序盤からハイペースな展開が予想される。
それに伴って落車や中切れのリスクも増えるため、常に先頭付近を走ってリスク回避。
最後は集団スプリントかなと言う予想。

スタートは前から4列目ほど。
最初の下りで少し脚を使って先頭付近に上がる。

ペースは思ったよりも速くない。
と言うか、みんなあまり引きたがらない?

短い急斜面も先頭で通過し、安全に下りへ。
先頭で下ると楽に安全に下れて良いな〜と思う。

別に攻めた訳では無いが、下ってコーナーをこなして緩斜面区間に入ると後ろと少しギャップが出来ていた。
ここは冷静に集団に戻る。

しかし、ここで欲が一つ出てきてしまう。
2周目、下りで抜け出して早駆けするか?少人数に持ち込めれば。。。

いやいや、今日はどうせ集団スプリントっしょ。
と思い直して2周目へ。

集団なかほどにいたため、また前に上がりたい。
しかし、下り区間で集団が横に広がり、前に上がるスペースなし。

せめて右側を走る選手は前に上がるなりして、スペースを残しておいて欲しい。

下り終わる前になんとか前に上がって、また先頭付近へ。

急斜面前には動きなし。
急斜面で誰か仕掛けたら乗ろう。
と思ったが先頭で淡々とこなして誰も動かず。

そして1周目と同じように安全に下ったつもりがまた後ろと少しギャップが。
緩斜面に入ると2〜3人が追って来て、1人が『後ろ離れましたよ!行きましょう!』と。

おお?この少人数で行ければそりゃあ儲けもん。
よーし、乗った!

これが良く無かった。。。

行こうと言ってくれた人のペースが速くて脚を使ってしまい、しかもやや付き切れ状態。
他の2人は前に出ない。
そして結局集団に吸収される。

まぁ、そうだよなぁ。。。

このコースの緩斜面は直線が長く視認しやすい、かつ道幅も広く集団が圧倒的に有利。

ほんの数秒のタイムギャップなんて無いようなもんだ。
しかも2周、まだまだ集団も脚はある。

吸収された後はもういっぱいいっぱいで、それでも諦めずに位置を下げないようにするが、着には絡めそうも無い位置からスプリント。

しかも最後は左から選手が斜行してスペースが無くなり、緩めてゴール。

むしろこんな脚使ってグダグダな中でスプリントして14位なら、ちゃんと脚残してスプリントしていたら。。。なんて思ってしまう。

とは言ってもレースは水モノ。たられば厳禁ですね。



反省

無駄に動き過ぎ。
最近はなまじ調子が良いだけに、無駄に動いてしまう。

E3は周回数も少なく、展開と言う展開があまり無い。
しかも集団は協調体制とかも無いから、みんなが我先に我先に!と言う感じ。

そんな中で勝つためには、順位に拘る走り方が必要なのかもしれない。
先頭をたくさん引いたから凄いとか、そう言うんじゃなくて、勝たなきゃ意味が無い。

まぁそれでも、本当に強ければ自らレースメイクした上で勝つんだろうな。
まだまだその力は無い。

次はもっともっと順位に拘る走り方をしようと思うけど、やっぱりレースメイクした上で勝てるような力を付けたい。

その方が、昇格してからも闘える。

とにかく、今年中の昇格目指してまた頑張ります。



皆さん、お疲れ様でした。
ありがとうございましたm(_ _)m
スポンサーサイト
  1. 2017/06/12(月) 21:16:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/140-5bd6a61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad