F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Report] 第21回JBCF栂池高原ヒルクライム [E3 圓山浩晃]

順位:E3 25位/63人
タイム:1:00:56(+7:52)

目標:
まずは完走。
65分切り

レースレポート:
自身初の実業団レースとなりました。

スタート前の準備からして初めてのことが多く戸惑いましたが、チームの皆様のサポートのおかげで無事スタートラインにつくことができました。

2012はホビーで比較的真面目にレース活動をしていたのですが、その後5年間休養し、今年よりまた本格的に参戦していこうということとなりました。
まだまだベースも出来上がってないですし、身体も絞れていないことから目標を65分に定めてレースを走ることとしました。

スタートからしばらくの急斜面は集団についていくことができましたが、その後はズルズルと遅れ、脹脛が攣り始めたことにより目標を完走に切り替えてひたすら耐えるレースとなりました。

反省点と今後:
トレーニング不足によるベース不足及び体重が絞れていないことが大きな反省点です。
チームの皆様のサポートをいただき、コンディションを現時点で最高までに持ってこれたことは良かったです。
コース自体は自分の得意なプロファイルだと思いますので、来年は入賞を目指し挑戦を行いたいです。

機材について:
フレーム:CAAD10
ホイール:Lightweight Ventoux190
タイヤ:VELOFLEX RECORDチューブラー
機材重量:6.9kg
特記事項:SACRA SLFチェーン

実業団レースになりますと、機材の最低重量規定があります。
なので、重量の中で何を重視するかということが重要になると思います。
今回は平均勾配が急なコースでしたので、車体側を重くして、タイヤとホイールは軽いものを選んでみました。
また、機械的なロスを減らす上で最も有効なチェーンについては、今回はSACRAさんのSLFチェーンを使用してみました。
データは取っていないのですが、チェーンの踏みの軽さは感じます。
ただ、非常にグリースが多量についており、汚れがつきやすいことが気になりました。
チェーンの駆動ロス軽減の有効性については今後何かデータが出せればなと思っています。
ホイール・タイヤでは、最近は軽さよりも転がり抵抗を重視する方が多くなってきたように思います。
重量と転がりのバランスについては今後も色々と検討していきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/23(金) 16:14:17|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/148-71b162e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。