F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回 JBCF 三峰山ヒルクライム [E3圓山浩晃]

【リザルト】E3 48位/48 1:15:07(+35:07)

【目標&作戦】
最低20位以内、10位以内を目標。
序盤は集団内で温存。中盤の急斜面を耐えて、終盤は確実に。

【レース】
アップは旅館から会場までで十分でしたので、最前列を陣取るために早めに整列しました。
クリートキャッチミスをしないように気をつけて、無事スタート。
少しペースを緩めて前に何人か選手がいる位置でしばらく走ります。
すると、ラバネロの選手が前に出たことをきっかけに、高校生くらいに見える選手3人がものすごいペースで飛ばして前に行きます。
私がいる集団と10mくらい開きます。
到底持つペーストは思えないのですが、そこは未知数な若人たち。
チェックに入ります。
ぴったり後ろにつき、けん制を。
すると、やはり予想通り、二人は落ちていきます。
一人は粘りますが、ペースが遅いです。
意図的かもしれないですが、嫌です。これだと集団が大きくなるかなぁと思い、前に出ます。
少し前を引いて、先頭交代を促しますが、誰も前に出ません。
少しして後ろをちらっと見ると、本田さんが真後ろにいます。
ここで、作戦変更です。
可能な限り前を引いて、集団を小さくして本田さんの入賞につなげようと。
私にはオーバーペースですが、本田さんなら問題がないと思われるペースで、しかも集団の後ろの方にいたらきつくなるようにわざと勾配の変化の前後でペースを変化させて、行けるところまでいきます。
脚が終わっても、急斜面はやり過ごせるという変な自信がありましたので、行けるところまで。
釣堀の少し手前できつくなったので、本田さんに「行ってください!」って言って後ろへ。
下がりながら入れそうな位置を探しますが、ちょっとなさそう。
そんなこんなしていたら、COW群馬の高橋さんが「入ります?」って言ってくださったのですが、余裕がなかったので、「いや、先に行ってください」と。
高橋さん、見るからに余裕がありそうでしたが、やはり優勝。
おめでとうございます!!
ここからは、マイペース走へ切り替えです。
追いついたり追いつかれたりしても、ペースを変えず、ぎりぎり保てる領域より一歩手前で少し回復しながら…と思っていたらグレーチングを乗り越えた際に後輪がパンクです。
選んだ機材、パンクを避けるスキルもなかった実力そのものです。
ログを見返すと、パンクしたのは8.8km地点。
残りはその時点はわかりませんでしたが、とりあえずは回収車が来るまでは、完走を目指して自転車を押して歩きます。
下やトンネルを超えて、残り500mを超えたとき、車が見えます。
回収車かと思いここからダッシュです。
心拍数が最高を記録しました。
リザルトが残るかどうかわからないですが、フィニッシュラインは切れました。
無事完走扱いになっており、なんとか、完走は果たせました。

【感想&反省点】
まだ、登る感覚が完全に戻ってきてないことや、体重を落としきれていないことはありましたが、少し走ることができるようになってきました。
その感触を得られたことが良かったです。
機材については、タイヤが路面状態に対し、リスキーすぎる選択だったことが反省点です。
トレーニングに関して、高強度のトレーニングと高トルクでのトレーニングを強化する必要があると感じました。
またレースリザルトに対し、悔しさがこみ上げてきたことも、今回の収穫です。

チームとしては、E3で本田選手が3位&昇格!、盛永選手がFで3位!、そしてそして田崎選手がニセコで総合1位!と言う快挙を達成し、素晴らしい1日でした。

私もそこに加わりたい!

頑張ります!!
スポンサーサイト
  1. 2017/07/13(木) 17:31:10|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/151-b01f4813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。