F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]第16回JBCF石川サイクルロードレース[E2 齋藤光一]

リザルト:9位

自己管理不足により二日酔いであったが会場到着する頃にはだいぶ回復。脱水症状による痙攣は免れないだろうと思い、集団でゴールできればいいだろうぐらいな気持ちだった。勝負に絡むことができないことが明白だったので、例年何かと動いてみせるレースであるがずっと省エネ走法に徹することにした。

具体的には石川のコースはブレーキをしっかり掛けるところが2カ所あり、そこでは前走者との間隔を空けてなるべくブレーキを掛けないようにコーナーをクリアするように徹していた。その2カ所以外では集団の後ろにいれば特に脚を使うこともなく難なく過ごすことができる。しかしながら省エネ走法を心掛けているにも関わらず2周目の残り4km地点からの登坂で脚が痙攣。私の予想では最終周回に痙攣するであろうと思っていたが、こんなに早く痙攣するとは思っていなかった。元々痙攣しやすい体質なのでドリンクはマグオンを水に溶かしたものを飲むようにしている。なので積極にマグオン入りの水を飲むようにして少しでも痙攣が軽くなるようにアクションした。その結果3周目の残り4km地点からの登坂では脚を痙攣させることなく難なくクリアすることができ、残り2km地点からのペースアップにも反応することができた。ペースアップするときの集団がものすごいことになっていて斜行の嵐であちらこちらで人がぶつかる罵声が飛び交うなど、なかなかなカオス状態であった。残り1km切っていよいよ最終コーナーへ向かう集団の位置取りが決まりつつあるところで、念のため後方から「最終コーナー気を付けるように」と言い放つ。石川の最終コーナーが1番の鬼門。。。私の前に12~13人ぐらいいてもっと前に出たいけどいっぱいいっぱいで前に出られず、そのままの位置で最終コーナーをクリア。あとはインナートップでスプリントして3人ぐらい捲くる。このとき、自分でも驚くほど加速しており、前の5~6人集団をも食えるぐらいの勢いがあった(結果的には食えなかったけど)。今日のコンディションでシングルリザルトは上出過ぎ。



2週間後の矢板片岡RRでは是非勝ちを狙っていきたい。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/16(日) 21:11:41|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/152-88dc90e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad