F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

第16回 JBCF 石川サイクルロードレース 淵田 祐

第16回JBCF石川サイクルロードレース【E1】・・・52/106位 2:09:16(+7:29)

毎年調子が落ち始めた頃に迎えるこのレース。一発のパワーは出るが本数がこなせなくなっている現状、パレードを含めると75km(5.5周)で2時間超のレースは厳しいだろうと予想していた。

前日に現地入りし車でコース確認、その後監督会議に出席し宿へ。宿泊費はレースに参加するチーム員に負担して頂くことに、感謝です。

レース当日は開門1時間前に並んで駐車スペース無事確保。準備を整えてパレードスタート位置の石川高校まで移動しサイン、スタートを待つ。この間にも喉が渇くがボトル2本はレースに取っておきたいので我慢、小銭でも持ってくれば良かったと後悔。

レースは集団最後尾のさらに後ろ。休み明けから新しい職場という事で絶対に落車には巻き込まれたくない、かといって集団の最前列を維持し続けるのは難しいという判断。そのかわり急コーナーからの登り始めはなるべく速度落とさずに突っ込めるように工夫した。
3周目までは登りで多少遅れるも踏み過ぎずに復帰できていたが4周目に入る頃に急に踏めなくなる。常に暑さは感じていたが後頭部辺りは暑いままで、腕や内腿は逆に寒さを感じる様になり焦る。ボトルの中身も尽きていて補給のあてもなく、もし指が震えはじめたらリタイヤしようと思い無理のないペースに切り替える。結果ギリギリ完走の52位。

反省としては暑さ対策が甘かった。レース前の水分確保もレース中の飲料用のボトルも足りなかったし体にかける水も必要だった。補給員をお願いして水と飲料用のボトルを交互に出してもらえれば、スタートはボトル1本のみで無駄な重りを除けるし空のボトルを手放す事もできた。大丈夫だろうという希望的観測で頼まなかったのが失敗。又アームカバーとインナーウェアも熱を保持して逆効果だった。(水かければ違ったかも?)

次のやいた片岡ロードは自分向き、と言いたいところだが石川後も疲労感が強くなる一方。このレースが終わればしばらく休養するつもりなのでなんとかもうひと頑張りしたい。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/28(金) 21:25:35|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/155-1c034c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad