F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Report] JET6-7戦 JBCF群馬CSCロードレースday1-2 高橋峰樹[E3]

day-1

コースは5周の30キロ、チームの皆さんからのアドバイスによれば、スタートの位置取りが重要とのこと。試走を早々と終え(たつもり)、出走サインをしようとするとそこには長蛇の列が!慌てて並ぶも時既に遅し、後方からのスタートを余儀なくされました。
1周目は前にでようにもスキマがなく、ウズウズしながら周回を終える。2周目あたりからバラけてきたので、坂を利用して集団を2、3度はしご、その際に同じように先頭を目指す選手が集まって10人程の第二集団が形成されました。余裕のある選手で先頭交代しながら先頭への合流を目指しましたが、差は詰まりませんでした。
ラストラップの心臓破りを終え、周りを見ると自分を含め4人になっており、「最後勝負しましょう!」との結論に至る。横浜の高校生もいたので「高校生に負けるわけにはいかん!」と少し気持ちが上向きになり、緩い下りから引き倒してそのままスプリントへ、ゴール前で一人に抜かれ、80位でフィニッシュ。

スタート前の位置取りが超重要でした。走ってみては下りとコーナーはみんな速いなぁという印象、登りは「あ、意外といけるわ」という感じでしたが、勝負に絡めなかったことが悔やまれます。レース前からレースは始まっている、ということを今回学びました。

レース後は群馬CSC備え付けの遊具でお子様接待&乳酸除去、勝負に絡めなかったので、トイレを探してさまよっていたブリッツェン増田選手に絡んで写真を一枚、ナイスイケメンでした。普段はあんな穏やかなのにレースになると鬼のように速いんだろうな、俺も速くなりたいな、と思い宿へ向かいました。


day-2

家族を宿に残し、自走でレース会場まで。案の定直前の登りがキツイ。アップどころの話じゃないよね、この勾配、と自らの行いを後悔。でもスタート位置は昨日よりはるか前方。前から5列目くらいからスタート。スタートから先頭を視界に捉えつつも、ローリングスタートの影響で人口密度が高く、下りやコーナーは危険な感じ。早くバラけないかなぁと思った矢先、自分の位置から3、4台手前で落車発生、よけきれず巻き込まれてしまいました。

ちょうど前方宙返りをするように腰から落下、着地後、後続の選手が重なってくるのが見えて怖かった。すぐに起き上がり、大きな怪我はしていないことを確認、バイクも明らかな変形、損傷なし、まだいける!とクリートをはめると……ハンドルが2時の方向むいてるし!修正しようと一度降りて試みるも……ん無理!このまま行くことに。

その後は同じく落車に巻き込まれた駒大ジャージの人&タイム乗りの人と一緒に先頭を目指すも復帰は勿論叶わず、なんとか完走。最後は昨日と同じくスプリントの真似事してゴール。

ゴール後にフィンズの皆さん話をすると、皆さん落車には巻き込まれず、先頭集団でゴールしたとのこと。羨ましい。

レース会場をあとにし、自走で宿まで向かう際、監督が飲み会で言っていたことを思い出す。「不思議と落車しない人はずっとしないし、する人は結構立て続けに遭うよね」とのこと。自分はどうやら後者なんだなと思う。でも落車しようが、ハンドルがあさっての方向を向いていようが、気持ちが前を向いていればゴールできる。今回の悔しい想いを心と腰のあたりに刻んで、次の石川ロードレースでリベンジするべく、前を向いて精進していきます。

ちなみにftの皆さん同様、ニックネームを自分に付けるとしたら「落武者」だな、と思いました。
20140428154900a5b.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/04/27(日) 15:43:11|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/2-f9b4ea94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。