F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report] JET25戦 JBCF南魚沼ロードレース 高橋峰樹[E3]

JBCF南魚沼ロードレース E3 第2位  

  地元新潟で第一回目という記念すべき大会でなんとか結果を残したい、という想いと、子どもの運動会を嫁に託してきた後ろめたい想いが交錯したレースとなりました。  

距離は1.5キロの登りが3回ある26キロのレース。 先にレースを終えているチームの先輩、大野さんから「パワーのある高橋さん向きのコースだよ」と言われる。試走してみて自分としてはクライマーに有利かなと、その時はそう思っていた。

作戦はシンプルで、「前はキープしながらも最後の坂まで脚を使わない」である。ん?矛盾してる?  

スタート後は最初の坂で周りの様子を伺いながらポジションを前に移す。集団はあまり絞られず、まとまったまま登りきってしまった感じ。この時、ポジションは前から4~5番手。若そうな選手が積極的に前をひく。「消耗しろ~」と念を送る。自分も何回かローテに加わるが、前を走ると自爆癖が出るので短めに交代するよう心掛けた。  

もうすぐ下りだな、と思ったあたりで緑色の最速釣り師がスイーっと前に。その理由は下り終えて分かることとなる。  

下りはやはりテクニックの差やらなにやらが出て、思うように前に出られない。周りに何人かいると気になってコーナリングがおかしくなって前との差は開く一方であった。最速釣り師な方は、だからあそこでポジションあげといたんだな〜、さすがな〜なんて思った。  

下りを終えて、2回目の登りが始まった時点で前集団との差が100m以上にひらいてしまっていた。いかーん!と思い登りで追いつく。この登りでも目立った動きは無く、まとまって登る。登りきってからの平坦はフィンズ勢とアンディさんが中心となって引いてくれた。自分も何回か短めにローテに加わりポジションを前にキープするよう心掛けた。  

下りは先ほどの反省を踏まえ、下る前にポジションを落とさないよう気をつけて、最後の登りに臨む。  

最後の登りが始まって、先頭には自分を含め4人。(後ろは全く見ていなかったので、合ってるかな?)速度は牽制しているのか、バカ速くもない。残り1キロを過ぎたあたりだったかで自分が前をひいた時、後ろとの距離が少し開く。  

ん〜、飛び出すにはまだ早くない?泳がされてる?えーい!めんどくせー!行ったれー!とそのままゴー!  

残り300mで後ろとの差は50mくらい。いけるか?いや、ムリです。完全に酸欠です。視界は狭くなり、手足は大リーグボール養成ギプス装着状態。チームの皆さんからの声援が聞こえる。もうなんでもいいから出せるモノを総動員して踏み倒すも、残り100mで失速。フィンズの最速店長にまくられ、2位でゴールとなった。  

ゴール後は道端に倒れ込み、しばらく動けなかった。同じような酸欠選手が2〜3人集まってハァハァ言いながら健闘を称えあった。やっぱイイね、レースは!抜かれる瞬間は悔しかったけど、上出来すぎる結果にひとまず満腹です。

  前回石川ロードレースの反省から、トレーニングでは短い登りのインターバルを繰り返したのが功を奏したようだ。あとはゴールまでの距離と自分のカラータイマーの持続時間をよく考えてレースを走ることが必要と感じた。E2でも展開に絡めるようなレースがしたい。  

しかし大野さんの指摘というか予言はスゴイ!私以上に私の事を知っている。もう、あれだ、嫁さん又はストーカーの領域です。やめてくださいよ?犯罪ですよ?  

今回初めての新潟開催で、ft麒麟山レーシングはE1.E2.E3の各クラスタで表彰台に上がることができた。そしてE3では新潟県民でワンツーフィニッシュ!自分で言うのもなんだけど、いや〜興奮しました。  

応援してくれたチームの皆さん、ありがとうございました!とても大きな力になりました!そして大会を運営してくださった関係者の皆さん、ありがとうございました。皆さんの尽力なくしては順位以前にレースすらなかった。重ねてありがとうございました!最後に、こんなふうにレースができる環境を提供してくれる嫁さん、いつもありがとう。

  帰宅後、子供達からの質問  

子供「パパ勝ったの〜?」  

パパ「ん〜、勝った?...かなぁ...え〜っとね、100人のうち99人には勝ったよ」  

子供「すごいね、パパ〜!」  

間違った事は言ってない!パパの威厳をなんとか守った一戦となりました。  

以上です!
20140930113334c15.jpg
2014093011290102f.jpg

スポンサーサイト
  1. 2014/09/28(日) 19:36:59|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/23-a93ea8e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad