F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]JET25戦 JBCF南魚沼ロードレース 齋藤光一[E2]

リザルト4位。

【スタート前】
ローラー30min
 20min高ケイデンス、3minインターバル、2min流し

クラスタE2でマークすべき人物は、エルドラードエスペランサの岩井選手、WE LOVE O2の大津選手、内房レーシングの根本選手の3名。

この3名の動きに注意しつつ、自分のレース展開に持ち込めるようにイメトレを十分に行なった。

イメージとしては、一番最初の登坂で‘ふるい’に掛けて集団の人数を少なくする。

おそらく、上記3名が千切れることはまずあり得ないので、脚を貯めつつも徐々に人数を減らす作戦。

【レース】
・1周目
ローリングスタートから始まり、登坂に入る。

集団の中盤に位置取る。

前方では大野選手と大津選手が集団先頭へ出て、少し前へ出たように見える。

集団のペースはとてもゆっくりであり、これではサバイバルレースにならなく、人数も減らないだろう。

斜度がきつくなる区間で、私のみペースアップし、一気に集団先頭へ行き、そのまま飛び出す。

そしたら、誰もついてこない。

このレースは頂上ゴールであることから、ある程度脚を残しておかなければならない。

そのため、私のみ飛び出す形になるが、集団に吸収されるであろうペースで淡々と走る。

踏まずに回すことを徹底し、その区間は約5km。

集団に吸収されてからは後ろでヒラヒラする。

このコースは下りで遅れても登りで取り返せるコースであるため、無理して集団の先頭へ出て、下りに入る必要もない。

最近の実業団は思わぬところで落車が発生することが多い為、用心して下る。

ポジションを徐々に下げていく。

岩井選手も私と同じような動きをしている。

・2周目

下り終えて、岩井選手と共に前方集団を追いかけ、本格的に登りに入るところでキャッチ。

登りのペースは相変わらずゆっくり。

集団の人数は予想外に多い。

なので、ダムの管理事務所前で再度プチアタック。

それについてきたのは、根本選手。

この時点でも逃げるには早すぎると判断し、根本選手と話しながら2人で流す。

しばらくすると、集団に飲み込まれる。

飲み込まれてから、大津選手のカウンターアタックが炸裂。

泳がせるつもりであった。

が、ここで誤算が生じる。

エルドラの岩井選手が便乗していったのである。

要注意人物2人の逃げを危険と判断した私は、早速潰しに掛かる。

途中で、追わなくていいとの声も上がったが、登坂能力に長けている岩井選手、オールラウンダーの大津選手2人に行かせると取り返しがつかなくなる。

2人の逃げを潰した後、集団内でヒラヒラする。

下りでは岩井選手と共にポジションを下げていく・・・。

・3周目
岩井選手と共に猛烈に先頭集団を追い、本格的に登坂が始まるところでキャッチ。

ここの登坂ではラストの登坂の為に脚を残すため、後ろで待機。

登坂が終わっても後ろで待機。

大野選手、大津選手、岩井選手、根本選手は集団前方に位置している。

下りに入る前にアタックがかかった!?

これはまずいな・・・と思いつつ、活性化した集団内でいつも通り、岩井選手と共に下りでポジションを下げていく。

・ラスト
これまたいつも通り、岩井選手と共に猛烈に活性化した小集団を追っていく。

本格的に登坂が始まるところで集団をキャッチ。

ラストだというのに、意外とペースは上がっていないことに驚いた。

私は岩井選手を徹底的にマーク!したつもりだったが、彼の脚と私の脚とでは次元が違い過ぎるため、徐々に離されていく。

いつの間にか集団もばらけて、3~4番手あたりになっていた。

ここまで来ると我慢比べ。

非常に苦しいが、ここまで来て垂れるわけにはいかない。

岩井選手とセキヤの選手が先行している。

私は心肺機能、筋肉ともにいっぱいいっぱいでこれ以上ペースを上げられない。

辛くて顔を上げることもできない状態だった。

ラスト100mのところで別のセキヤの選手がアタックし、それについていけずに4位で終わった。

とても悔しいが、完敗だったので、清々しい気分でもあった。

完敗したからこそ、もっと強くなろうという気持ちになれたし、モチベーションアップに繋がった。

2014年度の実業団レースは南魚沼が最後となるが、来年度も実業団で走り、E1昇格を目指していく。



最後に、わざわざ応援に来ていただいたチーム関係者の皆様には大変感謝致します。

皆様の応援は本当に力になりました。

ありがとうございました!

ホームとアウェイの差の違いを如実に感じたレースでもありました(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/09/28(日) 22:24:09|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/25-5077304e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad