F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Report] JET7戦 JBCF群馬CSCロードレースday2 齋藤光一[E2]

クラスタE2、22位。

【アップ】
・110rpmキープで20min
・40-20×3セット

アップは心拍数をできるだけ上げることが重要。

俺の場合、最大心拍数が195bpmだから、最大心拍数近くまで上げることが望ましい。

インターバルで178bpmまで上げる。

今日は110rpmキープの時点で心拍数が150bpmまで上がったので、調子は良い。


【スタート前】
クラスタE2は130名がエントリー。

スタート前の位置取りは超重要!

ましてや、アタック掛ける気満々な俺は是が非でも最前列に並びたい。

スタート30分以上前に召集場所に並ぶ。

この時点でかなり前の方。

召集場所からスタート地点まで移動するときに事件は起きた。

目の前の人がもたついてしまい、その間に他の選手たちがスタートラインに行ってしまったのだ。

おかげさまで、いつもの定位置である最後尾に並ぶことに成功する(泣)

最後尾に並んでしまった場合として、ヘアピン過ぎてからのアップダウン区間と心臓破りの坂でポジションを上げていくしかない。←群馬CSCで走るとほぼ必ずやってる



【スタート】
最後尾でヒラヒラしながらローリングスタート。

ヘアピン過ぎて正式にスタートする。

とにかく前へ行かないとお話にならない。

が、前方を塞がれているため、なかなか前へ行けない。

徐々に徐々に集団内でのポジションを上げていく。

と言いつつも、群馬CSCでの下りが怖い!!!

何を今更言っているんだ!?とお思いになる方がいると思う。

というのは、今回の集団、フラフラしている奴、急ブレーキ掛ける奴が多くて、怖いのだ!

前へ行きたくても塞がれて前へなかなか行けず、フラフラしてる奴、急ブレーキ掛ける奴がいて、生きた心地しなかった。

集団のペースとしては非常にゆっくりで、サイクリングしに来ている感じだった。

心臓破りの坂もアウターで軽々対応できるぐらいだし、こんなんだったらいつもの朝練の方が数倍は辛い。

そんなこんなで最終周回に入り、心臓破りの坂で何としてでも前へ行ってスプリントに備えたい。

最終周の心臓破りでペースアップで集団は伸びる。

前へ前へ・・・と前に出ようとしたところで道いっぱいに広がった30人ぐらいのプロトン。

心臓破りの坂をイン側で登りきってそのまま前へ行くも、先頭までには届かず。

バックストレートで事件は起きた。

バックストレートの頂上を過ぎて、下りに差し掛かったところで落車が発生。

位置取り争いでハスッたのか・・・。

レーススタート直後から誰一人信用していないオレは超冷静に落車を回避し、そのまま下る。

とは言いつつもプロトンは少し分断された形になる。

プロトンは20名ぐらいだろうか。

最後のコーナーに入る。

脚は十二分に残っている。

スプリント勝負はいけると思う。

ホームストレート入る直前でシュミレーション。

届かない・・・かも。←シュミレーションの結果(笑)

ホームストレートに入ると、目の前の選手たちが道いっぱいに広がる。

シュミレーションではその間を突き抜けて差すつもりだったが、ここで不安がよぎる。

スプリントに入っても、数人がフラフラしているのだ。

俺の直感が訴える。

スプリントはそこそこにして冷静に車間を開ける。

そしたら、ゴールライン通過直後に俺の数メートル先で落車発生。

超冷静であった俺は難なく落車を回避する。

全力でスプリントに参加していたら、完璧に巻き込まれていた。

結果としては先頭から1秒遅れの22位。



【考察】
ガーミンデータによると、平均心拍は168bpmと低め。

最大心拍数は188bpmで、最後の心臓破りの坂をイン側でダンシングで登った時に出た数値だろう。

身体的に余裕はあったが、集団内での位置取りが悪くて、今回のような結果となったと思われる。

集団内での位置取りもあるけど、アタック掛けないで終わったことも非常に悔やまれる。

次は位置取りを意識してレースしていこう。



レース後に駐車場へ戻ろうとしたら、前方から麒麟山ジャージを着た方がいました。


誰だろう?と思いながら近づくと、押見さんでした!

まさか群馬にいるとはつゆ知らず、ただただ驚くばかりでした。

押見さんも実業団レース後に、別のレースがあるらしく、それに出走するとのことでした。

1507614_494417927351886_8706831589213211511_n.jpg

スタート前の押見さんをパパラッチしました(当の本人はパパラッチされていることに気付いておりません 笑)

相変わらず、カッコいい「FUJI」に乗っていました。

レース頑張ってください☆
スポンサーサイト
  1. 2014/04/28(月) 00:15:44|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/3-154300f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。