F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]JET8戦 JBCF群馬CSCロードレース Day-2 [E2] 高橋峰樹


リザルト クラスタE2 28位

目標はとにかく先頭についていって勝負に絡む!それだけ。(というか現状ではそれしかできない!)

スタートは先頭から3列目という好位置にも関わらず、よーいドンで予想通りズルズルと後退し、集団後方へ追いやられる。
このへんのポジションキープは苦手だなぁと感じるが、安全第一!仕方ないと割り切り、2周目あたりから登りを使ってポジションをあげていく。

...あぁ、けっこう脚にくるわ。

そんなこと思っていると、右コーナーで無理やりかぶせて来る選手がいて、なんとか回避できたが草むらにコースアウト。落車はまぬがれたが、ポジションを大幅に下げてしまう。

その後も見知らぬ選手に身体触られた後に舌打ちされたりと、何かギスギスした感じで周回を消化していく。あぁ、そういえば去年もこんな感じだったかも...とか思い出す。

そんなこんなでどうにか脚を残しつつ、最終周の心臓破りを終えた頃には先頭から20番以内くらいをキープ、最後のスプリントに臨む。でもここで問題が1つ。

果たしてコレ、最終周?

そんな不安がよぎる。なんかジャンが聞こえない。でも、なんかペース速いしどうなんだ?みんなスプリントに備えてるっぽいし、うーん、どうなんだろ。

ゴール前のコーナーを終え、アナウンスが聞こえる。

あ、やっぱ最終週じゃん。

カラータイマーは十二分に残ってる!

前もちょこっとあいてるし、イケる!

下ハンに持ち替えてダンシングで加速した刹那、左からコースを塞がれブレーキ⇒そのままゴールとなった。

全然モガキ切れなかった。最後に余力があっただけに余計に悔しいゴールとなりました。

でも、まぁ、自業自得なんですね。これが最終周であるっていう明確な自信が持てていればもっといい位置取りができていたんだろうし。

最後、スプリントで前に出れたら今頃ヨダレ出るくらい気持ち良かっただろうな〜 なんて妄想の世界に突入してもみたりしてみる。

今回のレースはホントに悔しかった。今までは勝負に絡んだ云々にかかわらず、全て出し切ってきた。
今日は出しきらないまま勝負に絡んでのゴール。出し切りたかった。

この悔しさをバネにもっと練り上げて、次の石川は出し切るぞ!

なんてことを思いました。

レース後は例年通り、群馬CSCの遊具でお子様接待。ペダリングで動く遊具がほとんどであるが、なかなかの負荷がかかるものばかり。
レースを終えた後も短時間高強度インターバルを余儀なくされる。

娘「パパ、ちゃんとこいでる!?あたし脚パンパンなんだよ!?」

脚パンパンて...どこで覚えたんですか。

パパも明日からパンパンになるまで頑張るね。だから、今日はもう勘弁して。だってコレもう4セット目だよ(´Д`;)

以上です!
20150427122527b89.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/04/26(日) 22:10:04|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/32-ff61af0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad