F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]新潟県自転車競技選手権ロードレース大会 高橋峰樹

新潟県自転車競技選手権ロードレース

平成27年5月24日  

ポイント制で争われるこのレース,チーム戦の要素も加わるのでとても楽しみにしていました。今年も競技者の部で参加。  

①    4kmヒルクライム

シーズン当初から体重計に乗ってもおらず,体重管理の「た」の字もしていなかった。ただ登りのトレーニングは例年以上にこなしていたので,焦らずいつものペースで登っていく。結果は4位。まじ!?登れるデブを名乗ろうか思案する。今度体重計に乗ってみよう・・  

②    2kmタイムトライアル

去年は出だしでフロントギアがインナーに入っていたという,もはや犯罪に近い失態を犯していたので,今年はアウターからスタート。結果は4位。また4位かい!  

③    クリテリウム予選

ヒルクライムとタイムトライアルを終えた時点でポイントリーダーは田崎さん,2ポイント差でFINSの健太君が追う展開。

クリテ予選で同じ組に田崎さんがいたので,まずは田崎さんを勝たせるように動く。チームメイトは田崎さん,自分,片桐,本田。FINSからは東條さんのみ。去年のクリテでは吉田高校の子たちも速かったから注意しながら行こうと思っていた。

スタート後は田崎さんに引かせるわけにはいかないので自分が積極的に前へ。3周くらいを終えて後ろを見ると,少しは集団減ったかな・・くらいであんまり絞れてない。これ以上消耗しても自分が予選を通過できないリスクも増すので本田や新潟大学の選手達と先頭交替をしながら周回をこなす。

前を引かず集団内にいるとサイクリングかと思うくらいの遅いペースでなんだか落ち着かない。アタックしてペースアップを促すこともできるが,万が一自分のアタックが決まっても駄目だし,集団の先頭付近で動くことがいいのかなぁと思う。

そんなこんなで最終周の登りで田崎ミサイル自動発射,吉田高校の選手が一人追っていった。むむ!高校生に負けるか~!お前全然前引いとらんかっただろ~!とペースアップするも脚が越の完売。
テント脇の下り坂で後ろを確認すると誰も追ってきてなかったので3位を確信。そのままゴールとなる。

最低限の仕事をこなしながら予選通過。我ながらいいレース展開ができたので今日のあだ名は「必殺仕事人」でいこうと思った。

片桐はスタート直後にクリートキャッチをミスって8周一人旅だったことを知る。どーした!  

④    クリテリウム決勝

レース前のポイントで1位田崎さん(3ポイント),2位健太君(5ポイント)は変わらず。3位はまさかの自分。まじすか。4位は淵田グライぺル君と続く。このレースでは,自分は積極的に前で動いて田崎さんに脚を使わせない,FINSに脚を使わせること,その2点を目標に動こうと決めていた。具体的にどうするかは出たとこ勝負。自分が途中で千切れてもチームのメンバーは他にもいるので玉砕覚悟で臨むことができる。

ヨーイドンで田崎さんが前へ。いやいやエース,自分が行きますヨと前へ。最初の下りを終えて信号青,行くぞぉー!とペースを上げる。しばらく引いて後ろを確認。あれ?誰もきてない。もうしばらくこのままのペースでいってみる。・・・まだこないねえ・・・  

ここで去年の決勝クリテの展開を思い出す。去年も自分が先行する場面が何回かあったが,誰も追ってこなかった。そのため自分からペースを緩めて集団へ,なんてことがあった。去年は総合7位くらいで決勝クリテに臨んだため,しょせん自分なんて疑似餌ですから・・とか考えて走っていたような。

今年は2,3周を終えたあたりで秒差が20秒近くまで開いていることを聞かされ,そこで一人逃げを決意する。総合3位の自分が逃げることでFINSは必ず追ってくる,もしくは脚使う。F(t)のメンバーも脚を温存できる。今年の俺は疑似餌じゃねーぞー!とペースを上げる。秒差はどんどん開き,5周あたりで40秒差・・・1分くらいあると楽できるかなぁとか楽することを考えてしまうが,秒差は45~48くらいで周回を消化していく。

8周を消化したあたりで集団との秒差は変わらず。このあたりから,もしかして逃げ切り?なんてことが頭をよぎる。もしも逃げ切ったら,ポイントはどうなるんだろう?ていうか俺いま何ポイントだったっけ?酸欠気味の頭で必死に計算。

4・・・たす・・・4・・・たす・・・3・・は・・え~と・・11?

もはや小学生並みの演算速度である。いやいやポイントは別にいいでしょ・・・えーと,ガッツポーズはどうしよう?万歳か?さすがにハンドルから両手を離すのは怒られるだろう(あとから写真でみたら大野さんは思いっきり万歳してた)・・・

ここでまた過去のレースが頭をよぎる。去年のJBCF南魚沼E3,最後の登りでアタックして後続が自分の視界から消えた時,同じようにこのまま逃げ切ったらどうしよう!?とか考え,妄想で活性化した脳が酸素をムダに消費,結果,健太君にまくられ2位でゴールとなった悔しい思い出がある。

そんな事から,余計なこと考えたらイカンでしょ!そう思い直す。

これから自分が意識するのは,今まで稼いだ40秒差を1秒でも無駄にしないで走ること。コースの最短距離を最大限効率よく,シフトチェンジやブレーキのタイミングもできるだけロスを少なく,呼吸とぺダリングに集中して走るんだ。そう自分に言い聞かせた。

正確に覚えていないが,10周目あたりで追走集団ができたことをバイクから知らされる。スタート後の緩やかな登りで後続を確認すると,FINSの足立君,海口さん含む4名が追走していた(と思う)。

足立君は脚つかえ~,そして海口さんがいるから追走集団のコントロールは大丈夫だろう・・と一瞬思い,再び自分の走りに集中。

残りは4周。秒差は40秒!1周につき10秒のアドバンテージはでかい。これはもらったか?踏みすぎず,しかし緩めすぎず,ゴールまでギリギリ維持できる出力で巡航する。

残り2周。バイクからの情報もうまく聞きとれず,集団との差がどれくらいなのか分からない。いや,いい!むしろ分からなくていい!もうこのまま行くだけだろ,とギリギリ巡航継続。

途中,人気のない坂道でFINSのWDさんが大声で応援してくれた。ありがとうございます!そのジャージ着てたらF(t)の応援できないもんね・・だからあそこにいたんですよね,ありがとうございます!絶対逃げ切ります!

ラスト1周,ヘアピン後の距離差でこれはもらったと思ったが,最後のテント前の下りでは不安から3回ほど後ろを確認,そこでやっと勝利を確信した。テント脇で応援してくれていた嫁に小さくガッツポーズし,30km一人旅終了!1位でゴールとなった。

2位は淵田グライペル、3位 田崎さんとなりF(t)麒麟山レーシングは決勝クリテの上位独占!自分の逃げも田崎さんの総合優勝に少しは貢献できたのではないかと思う。(あとから田崎さんのブログ見たらそうでもなかったみたい(°д°)、スイマセン!)

ゴール後は皆さんから数多くのうれしいお言葉をいただいた。特に監督からは「高橋さんの涙がでそうな一人逃げ」と言っていただき,こちらが涙出そうになる。つらい練習や弱い自分から逃げずにトレーニングをしてきた甲斐があったと感じた。

そしておまけは総合2位という不相応な順位。もう言うことない!

今回逃げ切れた要因はいくつかあると思う。まずはスタート前に自分が総合3位であったこと,次にFINSのアシストが手薄であったこと,そして一番大きな要因として集団をコントロールしてくださった海口主将,大野さん,田崎さん,渡辺さん,淵田君,本田のチームメイトの力があったこと。もう感謝しかないです。勝たせていただきました。ありがとうございました!こんな楽しいロードレース,もうしばらくやめられませんね。今後ともよろしくお願いします!

ゴール後は,汗だくのおじさん達が数多くいる中,人見知りの激しい娘がその間をかいくぐり自分のもとに駆け寄ってくれた。汗まみれの人が多数いたせいで何も話せなかったのだろうが,嫁によればパパの一人逃げをとても喜んでいたという。

パパ頑張ったよ。だから・・・夜中にパパの顔面や腹部に打撃を加えるのはヤメようね。地味に痛いんだから(´Д`;)

最後に,このように楽しいロードレースができるのは,家族やチームメイト,県車連の皆さんのサポートがあってのことだと思いました。本当にありがとうございました。楽しかったです!この話は死ぬまでに年1回以上,老人ホームに入ってからは毎日のように話して逝きたいと思います。

以上です!
スポンサーサイト
  1. 2015/05/24(日) 22:35:27|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

30km逃げなんて、競技生活で1回あるかどうかだよね。凄かったー。みねきんぐの逃げでfinsが引く場面が増えて、自分は相当にラク出来たよ!ありがとう\(^o^)/
  1. 2015/05/29(金) 05:33:22 |
  2. URL |
  3. 田崎 #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!冥途の土産ができましたので心置きなく逝ってきます( ̄∀ ̄)

一緒に走れるレースも少ないですが、今回もいろいろと勉強させてもらいました。早く同じ土俵で走れるように精進します\( •̀ω•́ )/
  1. 2015/05/29(金) 14:05:20 |
  2. URL |
  3. みねきんぐ #-
  4. [ 編集 ]

特に何もしてないのに名前出して頂いて嬉しいです。笑
峰樹さんを見てると『努力は裏切らない』って事を痛感します。
その背中、追いかけますから。
  1. 2015/05/29(金) 17:36:41 |
  2. URL |
  3. 本田 #-
  4. [ 編集 ]

本田、いつかは追いつかれるんだろうけど、背中を見せ続けられるように努めるよ(ΦωΦ)

てゆーか、いつも言ってるけど俺なんかよりいい目標が周りにたくさんいるんだから、そっちに目を向けられたい!俺なんか見てると落車⇒顔面着地するぞ!ヽ(`Д´)ノ
  1. 2015/05/29(金) 20:09:38 |
  2. URL |
  3. みねきんぐ #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/37-ee325c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad