F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]JBCF 石川ロードレース 齋藤光一[E2]

リザルト:15位

レース3日前の水曜日のTT練で思うようなパフォーマンスを出せないことがわかり、レースは大人しくすることにした。

調子は良くないが、とても悪いわけではない。



スタートは最前列。

スタート後はクリートをすぐにキャッチして、先頭へ。

最初の登坂を終えて下り始めまで先頭を牽く。

それからはずっと集団後方でヒラヒラ。

集団のスリップの恩恵に預かり、ラクをさせてもらう。

アタック掛けるつもりもなく、先頭を牽くつもりもない。

今の私にはそこまでの脚がない。

最終周の残り4km地点から、私のレースが始まる。

十字路を右に曲がってからペースを上げる。

目的は集団をバラバラにして、少人数でのゴールスプリントに持ち込むこと。

理想は3人。

しかし、貧脚な私は登坂で集団をバラバラにする力がなく、そのまま引き連れてきてしまった。

やはり、調子は良くないらしい。

無駄足を使う様な事をしなくて正解だったと思う。

再び集団内に戻り、ゴールが近付くにつれて、徐々に徐々にペースが上がってくる。

フィードゾーン手前で最後のペースアップ。

私の前には6名。

後ろに人がいたかどうかは確認していない。

最後のゴールスプリントするだけの脚はまだ残っている。

7番手で最終コーナーに入り、付き位置からのスプリントであれば、チャンスはある!と目論んでいた。

順番は変わらず、そのまま最終コーナーに差し掛かった時、2人前の選手が落車。

ラインを塞がれてしまったが落車に巻き込まれることは回避できた。

しかし、大減速を強いられ、その間に先頭の6名はゴールスプリントへ。

さらに大減速している間に後ろから選手が次々と最終コーナーをクリアしていってゴールを目指していった。

ゴールへ目指して再びスピードを上げた時には、レースは既に決しており、1つでも順位を上げるために目の前の選手を追いかけてスプリントしてゴール。


今回のレースは運が無かった。

落車した選手についてどうのこうの言うつもりは無いし、そもそも落車するような選手の後ろについてしまった自分に非があると思っている。

もうちょっと積極的に動けば良かったと反省している。

動き過ぎるのもダメだが、動かなさすぎるのも後手後手になってしまい、取り返しのつかないことになりかねない。

今回のレースではそれがよくわかった。

次回は群馬CSCで開催される輪翔旗にエントリーする予定。

群馬CSCでも走り方次第でリザルトが大きく変わってくるので、今回のレースの反省を活かして臨んでいきたい。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/19(日) 23:14:17|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/53-2bdd718c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad