F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[Report]JBCF 南魚沼タイムトライアル 片桐光康[E3]

リザルト 87位 11分21秒41


0610 会場着
0630 ライセンスチェック
0730 試走
0850 アップ
0945 スタート地点移動
1000 スタート

地元開催、そして初実業団レースという事でこの日のために1年間準備をしてきた。茨城県の豪雨で災害派遣、直前で乗れない期間があったがなんとか調整して臨んだ。

天気は曇りで試走を始めた頃、ポツポツと雨が降り出し、降らないでくれと祈っていたがさすが雨男。ここで降臨。スタート1時間前くらいには土砂降りとなりアップもままならない。ハッチが横開きなため傘をさしながらランニングもまじえてアップをすすめた。

スタート地点へ移動するが雨は止まない。だが意外に気持ちは落ち着いていて初実業団レースだが変な緊張も無かった。体もそこまで冷えていない。

雨の中10時00分30秒、2番目にスタート。土砂降りで前が見えにくい。ウェットどころか所々川状態。
トンネルも停電している。カーブはかなり慎重に、ラスト3Kmでガンガン踏もうとレースを展開する。だがこれが敗因だった。
ラスト3Kmで踏めている、脚もまだまだいける。ラスト1Km、これでレースが終わってしまう。全部出し切りゴール。ラスト1Kmは45~46Km/hで走れていた。感覚は悪くない。
ゴール後、雨はあがり後半選手有利だなぁと思いながら結果を待ったが案の定このリザルト。だが敗因は天候じゃない。天候は運が悪かっただけ。完全に前半抑え過ぎたのが敗因。そもそもこの距離のタイムトライアルなら抑えるところがある時点で負けだった。タイムなんて出る訳がない。

こういった形で初実業団レースを終えたが、ショックで中々立ち直れない。
チームに加入させていただいたが結果を残せず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

この経験を踏まえて今後の活動、練習を考え、次に活かそうと強く感じた初実業団レースでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/19(土) 19:08:53|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/60-ab99f58b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。