F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

[Report]JBCF東日本ロードクラシック南魚沼大会 齋藤光一[E2]

20位。

昨年4位と苦汁を飲まされただけに、今年は二の舞にならないように考えてレースに臨んだ。

スタート直後の登坂で集団がペースアップすると、去年より速く感じられたが、恐れるほどのペースではなかった。

登りきって平坦基調のダム湖周回コースも集団内で大人しくやり過ごす。

2周目の登坂もなかなかキツいペース。

去年と違うぞ!?と思うようなペースであった。

3周目の登坂となると、ペースはかなり落ち着くも大腿四頭筋がつり始める。

集団内で大人しくしており、無駄足を使わないようにしていたはずなのにこの有り様。

ラストの登坂で集団に置いていかれて20位でゴール。

昨年と何が違うのか?を昨年のレース時のデータと比較。

登坂のタイムはラスト以外はそれほど変わらない。

しかし、去年はとても楽に感じられた登坂が今年は少々きつく、さらに大腿四頭筋をつる事態になったことを考慮すると、去年よりも弱くなっていることが明確であった。

さらに、パワーデータを確認すると、ラストの登坂では数値が落ちており、垂れているのは火を見るより明らかであった。

自分なりに南魚沼ロードに向けてトレーニングしてきたつもりではあったが、トレーニング内容とパワーデータを見る限り、自分に足りないものが何であるかは明白であった。

反省すべき点として、対象としているレースに向けてのトレーニング内容をしっかりと考えてやるべきであったと思っている。



最後に、ダムの管理事務所で応援していただいたチームの方々、また、Fin'sサイクルの方々、応援していただきましてありがとうございました。

今年のJBCFのレースは終わりですが、今年はあと4つのファンレースにエントリーする予定なので、それらのレースに向けて全力で取り組んでいく次第であります。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/20(日) 22:00:08|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftracing.blog.fc2.com/tb.php/70-bcfc45a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad