F(t)麒麟山Racing RACE BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第10回JBCF輪島ロードレースF盛永母映

JBCF輪島ロードレースに参戦してきました!
能登半島地震の復興のために始まった輪島ロードレースも今年で10回目。5年間の期限付きだったはずが、地元の方々のご協力と、大会に携わってくださる方々のご尽力で10回を数えたこの大会も今年がラストイヤーだそうです。

アップは固定ローラー30分。
10分ウォーミングアップ
10分FTP走 206w 最後1分はギアを一段下げてケイデンスを20回転あげる。
10分クーリング

【コースプロフィール】
1周12.6km × 2周 = 25.2km
スタート直後に10分の登り(2.6km 7.9%)〜テクニカルな下り〜5分の登り(1.4km 6.4%)〜スピードの出る見通しの良い下り〜ゴールまで平坦1.5kmくらい。

【リザルト】6位 (54:15 TOP差1:54 28.30kph)

【展開】
リアルスタートが切られ、直後にすぐやってくる登りで一気にペースが上がる。
合田選手、伊藤選手、新川選手、野口選手、谷江選手がパックで先行し、1回目の登りを終える。
その10m後に棟近選手、さらにその10m後にわたしが続く。

下りが超絶に遅いわたし。カーブをひとつ越えるとあっという間に前を行く選手の姿が見えなくなった。維持できる速度ギリギリでテクニカルな下りを終えたが、2つ目の登りに差し掛かる所で後続の清水選手に追いつかれた。棟近選手が谷江選手を抜いていく姿を前方に捉えながら登る。
登り終えるところで清水選手が前に出て「回していきましょう!」と。
2人で回しているうちに平坦区間で谷江選手を吸収。2回目の登りへ(先頭集団の姿もまだ見えた)。
初めてレースでご一緒したが、谷江選手の登りは力強かった。間も無く棟近選手も吸収し、登りの後半に差し掛かった所で新川選手も加わり5人パック。

下りもみんなで回して行くが、棟近選手は後方固定で全くローテに加わらない。
最後の登り区間へ突入。登り口から清水選手が前へ出たので、その後方を位置どる。清水選手も実業団のHCレースで表彰台に上がる実力の持ち主で、流石のひき。徐々にペースアップして登りを終えようかというところで谷江選手がアタック。すかさず新川選手がチェックに入る。

下り区間も最後の平坦も棟近選手以外の4人でローテーション。この1ヶ月、スプリント練はしてきたはずだけど、正直自信もなかったので残り7〜800mのところでアタックし単独で飛び出す!

後方確認すると5m程のギャップが空いたのでそのまま先行逃げ切りをかけて脚を回したが、最後の最後で谷江選手と棟近選手に刺されてしまいました。

4位争いの5人集団の3番手でゴールし、6位でした。

それにしても、一度もローテに加わらなかった選手に最後の最後で刺されたことはすごく悔しかった。

【パワーデータ】
24.22km 0:54:18 NP211.2w 174.0/562.8w
10分の登り ①10:03 235w ②11:07 213w
5分の登り ①5:03 228w ②5:03 226w

パワーデータはまずまず。10分のMAXパワーを更新。ローラーで5〜20分の積み上げをしてきたことが生かされたのだと思う。
レースウェイトはおそらく52.5〜53.0kgくらい。ただのデブですね…はい。

【反省&感想】
もし飛び出さずにスプリント勝負をしていたら何位だったんだろう…とか、飛び出すタイミングが違ってたらどうだったんだろう…とか、たられば論も浮かんできますが、結局たられば論でしかありません。これだったら負けない!という武器が欲しいなぁ。

最初の登りで先頭から遅れたのもめちゃくちゃ悔しい。あとちょっとの所なんだ。もっと強くなりたい。

今シーズンのフェミニンツアーは本レースにて終了。全5戦。

東日本ロードクラシック 群馬大会Day-2 8位
栂池高原ヒルクライム 6位
三峰山ヒルクライム 3位
石川サイクルロードレース 9位
輪島ロードレース 6位

パッとしない成績だけが残った。もう一段階上のレベルに行けるようにオフシーズンもコツコツと頑張っていきたい。
  1. 2017/10/11(水) 10:55:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]第10回JBCF輪島ロードレース[E2 本田竜介]




リザルト
E2-4位(+00:02)
3位との差、数十cm


以下レースレポート



目標は3位以内でE1昇格。

作戦は登りで人数を減らして、最後は10人未満でスプリント。

登りの厳しいコースなため自然と人数は絞られるとは思うが、もしペースが上がらず絞られなければ自分から上げるつもりで。

そもそも登りで付いて行けなかったらどうしよ〜なんて思いながら最前列からスタート。

早速登りに入るとエルドラの木村さんが上げて行く。

8〜9分登るので決して焦らず力まず、かつ先頭付近に位置取るように集中して。

なかなかにしんどいペース。が、まだ付いて行ける。

ピークを前にKOM狙いの選手?が2〜3名上げて行く。

自分はKOMは最初から狙っていないので無理に対抗しないけど、そのまま数名で行かれる恐れがあるので離されないように追走。

するとやはりピークを超えたあたりで7〜8名で抜け出す形に。

後ろに平坦で脚を使わせるようにこのまま行きましょう。と声をかけて下って行く。

テクニカルな下りで前を走っていたバルバの選手が一瞬後輪ロックしてヒヤッと。

大丈夫ですか?気を付けて行きましょう。と声をかけて追い抜く。

平坦ではウォークライドの選手がコーナーリングが上手く減速しない。

結局2回目の登り前に数名に追い付かれ、この時点で10名程度。

E2でもいきなりこんな人数に絞られるのかと驚いた。とりあえず残ってて良かった。

2回目の登りはペースで登って、ハイスピードな下りへ。

ここはクラウチングポジションで先頭を走る。

誰も先頭交代して来なかったのでそのまま下り切り、平坦を通って2周目の登りへ。

ここではスペードエースの選手とバルバの選手が強い。

後半はかなりキツくて少しでも気持ちが切れたら千切れるところだったが、気合いで残った。

ここで既に6名。トラブルが無ければ入賞は確定。

良い展開だ。

下りは難なくこなして2回目の登りへ。

何となく先頭で緩めに走っていると誰も前に出て来ない。

完全に温存してるな。けど、自分も別に緩めに登ってるだけなので交代は要求せず。

ハイスピードな下りもまた先頭固定。

下り切りのところでMoeが応援してくれている。よーし。

そして勝負の3周目へ。

この登りでも先頭を走って、後ろから必ずペースアップする選手がいるはずなのでいつでも追える集中力を保つ。

中盤くらいからまたスペードエース、バルバの選手が前に。ここが我慢どころ。意地でも付いて行く。

更にKINANの選手も前に来たが、KOMは3番手で通過。

この下りも難なくこなしてさぁ2回目の登り。

事前に田崎さんから『最後の2回目の登りを登り切った選手でほぼリザルトが決まるから、思いっきり引き倒せ』と言われていた。

が、どうやら自分はこの中で圧倒的に登りが強い訳では無いようだ。

ペースアップを試みるも引き千切るような力は無かったので素直に先頭交代を要求。

すると誰かがペースアップして、それに食らいつく。

ここで2名が千切れて4人に。

更にKINANの選手がチェーントラブルで一瞬遅れて3人に。

これは来てるぞ!このまま3人で行ければ最高の展開。

ウォークライドの選手とハートビートの選手だったかな。

下りをクラウチングで引くが、途中の微妙な平坦区間でなかなかスピードに乗らず。

するとKINANの選手が復帰。

その後ろの2人は見えなかったような。

しかし下り切って追い越し禁止区間で後ろの2人も合流して結局6人に。

あちゃー、と思ってるとウォークライドの選手がアタック。

あれ?ここでアタックってして良いんだっけか?と思って少し反応遅れる。

しかしこれは吸収。

後は集団スプリントか?

かなり牽制が入る。

スプリントも事前に田崎さんから『早駆けは絶対に垂れるから残り100mからで良い』と聞いていた。

なのでそこまでは我慢の気持ち。

先頭にいたので少し周りを前に出したいな〜。

と思っていたらまたウォークライドの選手がアタック。

これは周りが牽制してる良いタイミングでの飛び出し。

周りも追えず。

あわあわとしてるとスペードエースの選手もアタック。

さすがにこれは追わねば。と踏み込む。

しかし後ろからのアタックで一瞬反応が遅れた事と、冷静さを欠いて上手くドラフティングの効くコースに入れず。

もう行ってまえ!と後は無我夢中でスプリント。

3位はいけるかー!?と踏んでいると残り50mを切ってバルバの選手が右から並ぶ。

ま、マジか!頼む!3位だけは!!

と祈るも、世の中は常に諸行無常の響きあり。

ギリギリで差されて終わり。4位でした。



やっちまった。。。マジでやっちまった。

6人でのスプリントなんて自分が想像していた最高の展開。

これで3位以内が獲れないなんて。。。

全てが上手く行ったと思った矢先、足元をすくわれた。

いや、これも自分の実力不足か。

スプリントを過信していた部分もあっただろう。

これぞロードレース、だな。


輪島はコースプロフィール的にも自分に向いていて、しかも実業団レースとしては最後の開催。

そして今回は個人的に特別な想いを胸に臨んだレースであった。

更に年始でKNTさんと約束した、今年中のE1昇格。

このレースだけは結果を出さなきゃいけなかったのに。。。

持ってない男よのう。




反省

スプリントに尽きる。
最後の平坦に入った時点で出来れば先頭には立たず、周りが見える位置にいるべきだった。
そして誰かが早駆けする事も頭に入れて、すぐさま反応出来る体勢を整えておかなければいけなかった。
今思うと位置取りも悪く消極的だったと言わざるを得ない。
まぁそんなこんなを吹き飛ばすスプリント力さえあれば。。。

後は玉砕覚悟で登りでアタックして、更に人数を絞れれば良かったのかもしれない。

けど、今回のこの失敗、悔しさが必ず今後に生きて来るはず。
これでまたきっと強くなれる。

レースは悔しかったけどみんなのおかげで楽しい遠征でした。

ありがとうございました!
  1. 2017/10/08(日) 19:55:45|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[Report]2017 JCF Coupe du Japon MTB 妙高杉ノ原Stage CJ-1 海口秀幸[アドバンス]

21951079_2206153619611383_5406684365151821972_o.jpg
©sumpu photo

○ XCO アドバンス 6位 1:00:29(+2:59)
http://mtb-l.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/20170923myoko_xc_results.pdf

コースはスタートから、後半の第3シングルまでは、6月のCJ-2とほぼ一緒。6月は試走でミスを連発し、レースでは降車を選んだ第1シングルのドロップは何とかクリア。しかし、第2シングルの入口のドロップでラインを誤り転倒。痛い。。左側のラインは荒れていて、右を選ぶのが正解。やり直して通過できた。
第3シングル後のゲレンデトラバースから第4シングルは大きく変更。ゲレンデを登って第4シングルの中腹に入り、シングル内の6月は登りだったところを下って、ゲレンデを駈け下りてフィニッシュエリアに向かう。
第4シングルにあった鬼門のドロップ2カ所がDHIのコースに使われて無くなったため、難易度がずいぶんと下がった印象だ。

半袖ワンピに着替えて、11時前から3本ローラーでアップ開始。しばらく流した後、1分走→1分レスト→2分走、で終了。程よく汗をかいた。
10分押しのスケジュールで11:30招集開始。スタート位置は3列目中央。アドバンスは初めてだし、スタートから下り切りまでは無理せず、その先の登りからじわじわ上がって行こうと決める。

21950164_2206147326278679_1280568247300074190_o.jpg
©sumpu photo

11:40スタート!直後の登りは皆さん速く、全く前に出れなかった。その後の高速の下りは遅く感じて前に詰まる。しかしオーバーテイクのリスクは冒せない。前が詰まってストレス
下り切りに向けての10m階段下りであろうことかボトルが脱落。6月は外れなかったのに、なんてこった。幸いにも暑くはなく、フィニッシュライン先のオフィシャルフィードでボトルを取れば良いので焦らずに行く。

21765608_2206147466278665_4062899341406169622_o.jpg
©sumpu photo

下り切って登り始める。前方を見やると、先頭を争う選手たちは、既に大きく抜け出しているようだ。やはり、下りで少し休めることを見越して、スタート直後に限界を超えてでも前に出るべきなのかもしれない。1人1人追い抜いて、じわじわと順位を上げていく。
下りに入って、第1~4シングルはミスなくこなせた。フィニッシュラインでは7番手だった模様

序盤のハイスピードの下りは、周りの選手に比べて分があるようで、前の選手との差がどんどん詰まる。テーブルトップでは、目の前の選手が飛び過ぎて着地失敗。1人パス。登りではプレミアムフィード後の下り~登り返しがやはり周りより速くて差を詰める。

21765669_2206146136278798_7741437318093860702_o.jpg
©sumpu photo

1人捕らえて、3周目突入時には5番手に。前を見やると、4人選手が見える。ほぼ等間隔なイメージ。しかし、直後にすごい勢いで1人に抜かれる。先ほど、テーブルトップで着地をミスした選手だ。やはりコース前半はこちらが速くて差が詰まるも、登りの後半~第1シングルからの下りでドカーンと離される。完全に力不足。。

4周目に入るころには、かなり差が開いてきてしまう。後ろも離れてきて、ペースを保つのが難しくなってきた。

5周目にはさらに前と離れてしまった。前の選手がトラブルに見舞われることもあるので、集中してペースを保ったつもりだったけど、かなりペースが落ちていた。ここまでノーミスだった第1シングルのドロップで足を突いて止まる痛恨のミスも犯した。ロスはわずかだったけど、うまくない。

21950100_2206151059611639_7107952031816434802_o.jpg
©sumpu photo

前の選手と約1分、後の選手とは35秒差ので6位でフィニッシュ。後ろの7位の選手は、安定したラップを刻んでいて、ファイナルラップは差を詰められた。前後の選手と差が開いていても、ペースを保つ努力が必要だ。
  1. 2017/09/23(土) 23:05:55|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1回 JBCF やいた片岡ロードレース 淵田 祐

第1回 JBCF やいた片岡ロードレース【E1】・・・27/102位 1:14:58(+1:20s)

1周10.3kmを5周の51.5kmのレース。コースは○―○の眼鏡のカタチで―の部分が対面通行、の予定だったが対面は警察の了解が得られなかったと監督会議で通達。先頭から数分遅れて―の部分に侵入すると回ってきた先頭とぶつかってしまうために足切がシビアに。またスタート直後のシケイン(片岡シケイン)は狭いため追い抜き禁止との事。

事前にルートラボで確認はしていたが、試走してみると予想外に登りがきつい。3.6km地点の90度コーナーからの1分半の登り、その後下って登り返しが2発。5.9km地点の下り右コーナー後は残り1kmあたりまで下り基調なのが救い。残り1kmあたりから最終コーナーへの位置取り争いでドンパチしそう。

スタートは後方から。最初の登りで位置上げてそこからは前で動き続ける作戦だったが登り始めからペースが速く辛い、サイコン見ると500w超えててこりゃいかんと最後方でやり過ごす。登り返しは下りの勢いで位置上げられるので1発目の登りは無理せずに、正直調子良くなかったのでなんとか抑えて最終周を迎えるために必死で考える。下り区間は速やかにギャップを埋めて回復に専念。

1.2周目はさほど問題なく走るが3周目の登りで先頭付近でチーム単位?のペースアップがあり集団が割れる。登り返しで位置上げつつ下りへ入ると先頭はかなり前、第2集団は纏まって走ってはいるけどこのままじゃ追い付けないと思い飛び出して前を追う。前からこぼれた選手を抜きながら先頭を追うがあと少しが遠い、前に見えてるのにもどかしい。結局追い付けないままシケイン超えたあたりで第2集団に吸収され勝負としてはここで終了。4.5周目は下り区間で前で動いたりしつつ最終コーナー手前でのペースアップに喰らい付いてスプリントに参加、27位でフィニッシュ。

3周目の登りのペースアップに対応できなかったのが悔やまれる。気付いていれば売り切れ覚悟で踏み抜いたのにペースで登っている間に決定的な差がついてしまった。そもそも登りを前目でこなせる登坂力がないと集団任せというか展開頼りの走り方になってしまう。平坦・下りでは集団に優位を感じたので必要なのは減量か。

今年の残り実業団レースは南魚沼TT・ロードレースのみ。しばらく期間が空くがしっかり準備して臨みたい。
  1. 2017/08/15(火) 16:57:56|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第16回 JBCF 石川サイクルロードレース 淵田 祐

第16回JBCF石川サイクルロードレース【E1】・・・52/106位 2:09:16(+7:29)

毎年調子が落ち始めた頃に迎えるこのレース。一発のパワーは出るが本数がこなせなくなっている現状、パレードを含めると75km(5.5周)で2時間超のレースは厳しいだろうと予想していた。

前日に現地入りし車でコース確認、その後監督会議に出席し宿へ。宿泊費はレースに参加するチーム員に負担して頂くことに、感謝です。

レース当日は開門1時間前に並んで駐車スペース無事確保。準備を整えてパレードスタート位置の石川高校まで移動しサイン、スタートを待つ。この間にも喉が渇くがボトル2本はレースに取っておきたいので我慢、小銭でも持ってくれば良かったと後悔。

レースは集団最後尾のさらに後ろ。休み明けから新しい職場という事で絶対に落車には巻き込まれたくない、かといって集団の最前列を維持し続けるのは難しいという判断。そのかわり急コーナーからの登り始めはなるべく速度落とさずに突っ込めるように工夫した。
3周目までは登りで多少遅れるも踏み過ぎずに復帰できていたが4周目に入る頃に急に踏めなくなる。常に暑さは感じていたが後頭部辺りは暑いままで、腕や内腿は逆に寒さを感じる様になり焦る。ボトルの中身も尽きていて補給のあてもなく、もし指が震えはじめたらリタイヤしようと思い無理のないペースに切り替える。結果ギリギリ完走の52位。

反省としては暑さ対策が甘かった。レース前の水分確保もレース中の飲料用のボトルも足りなかったし体にかける水も必要だった。補給員をお願いして水と飲料用のボトルを交互に出してもらえれば、スタートはボトル1本のみで無駄な重りを除けるし空のボトルを手放す事もできた。大丈夫だろうという希望的観測で頼まなかったのが失敗。又アームカバーとインナーウェアも熱を保持して逆効果だった。(水かければ違ったかも?)

次のやいた片岡ロードは自分向き、と言いたいところだが石川後も疲労感が強くなる一方。このレースが終わればしばらく休養するつもりなのでなんとかもうひと頑張りしたい。
  1. 2017/07/28(金) 21:25:35|
  2. Race Report
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。